安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

赤系のお花がめっきり増えた、このごろで・・・・

春に咲いてく花は色の変化が著しくおもうことがあります。3月の山茱萸や連翹たちの黄色からはじまり、梅や白もくれんなど、白と桜や紅梅、赤もくれん、花モモの華やかな桃色、そして、時期をずらしつつも、森林の中で咲いていくしゃくなげや(これもいろとりどりではありますが、白色よりもぴんく、赤紫系によってゆくように感じるものです。もちろん、ほんとうの日かげの山のなかでは春蘭やらおだまきやら、はかなげな花々と椛や...

レタスの苗も、ちょっとづつ・・・・

昨年のレタスの種を、まきまして。ちょっとづつ、ちょっとづつ、時期をずらしたレタスの苗植え一度に収穫して困るのが、実のところ葉物。山のようなレタスたちも、放っておけばすぐにとうがたってしまい、いつのまにやら、花が咲き・・・・農家での高原野菜の育生はもっとその比ではない量なのでしょうが、うさぎさんにでもならないかぎり、葉だらけ生活も、なかなか難しいものです(笑)...

わさび田がむくむく。

4月3月は、わさびの花がよくみられました。(お店でも)そして、お山の清流の中にも、山のでこぼこ山葵が生えております。そんないびつでちいさな山のわさびをなんちゃってわさび漬けにしたり、わさびの花のおひたしにしたり・・・こどもは苦虫をつぶしたいやな顔をしますが、おとなはそこはそこ。その苦みと辛みにおいしさを味わいつつ、ぱくり。早春のわさび田をさくらとともに。そんな情緒豊かな風景の安曇野で・・・・...

鬼ぐるみの花が穂をさげて・・・

ただいま、河原ではあちこちでクルミのお花たれさがっております。どんぐりの花の咲くこの季節、道行く足元には、枯れたぶどうの花のような残骸がたくさんありますがくるみの花は大きく、道には巨大なかいこを思わせる存在感。あまり、踏みたくもない光景だったりします。(笑)花粉もすばらしいので、落ちた道路には、黄色というか黄緑色の粉末のなかにたたずむ花々がごろりんとしております。そんな中でむせかえるような甘いかお...

早春賦通りの桜並木で。。。

川の堤防をちょっといくと、早春賦の碑があります。そこまでは小さな公園があり、大きな川に沿うようにクレソンがたくさん生えた、清流の小川が(おそらくわさびやニジマス用としての水路とおもわれます)ながれ、そこをぬけると、サクラ並木らしきものが続きます。これは、きちんとした保存会があるようで、一本一本、植樹か寄付された方のお名前札がかかっておりました。まだ若い木々なので、大きな並木ではありませんが、色々な...

いばらの道を・・?

みかんやゆずなどのかんきつのお花がみれない安曇野で唯一、その系統のお花。枳殻。からたちは冬の姿の方がなぜかとても絵になるので和室などにかざりたくなる一枝。花留めにもなるし、便利ですつくづく、生け花とか和花というのは引き算の芸術だなあと感じる花々です。ルッコラも花が咲き、また種をとって、夏秋用に栽培。ハーブというのは強いですが、便利です。...

春のきせつの、お便りで・・・・

季節によって、発行されるさまざまなチラシやパンフレット観光協会からも、あずみので行われるイベント情報をはじめとした春、夏、秋、冬のものが発行されています。あずみの公園(堀金)などは5月3,4、日と無料開放だったようでさらに5日のこどもの日は、こども無料だったとか。天気にもよりますが、できるだけお得な情報を得つつ、たのしい週末や新緑の安曇野を満喫していただきたいです!!...

八重桜*サクラ集で・・・

「八重桜」も、葉っぱがあとからになりますが、その葉っぱがさくらもちの葉っぱ色・・・というかちょっと赤茶色っぽい葉っぱなところが、とても特徴的なイメージがあります。さくらには、青空がにあいます。八重サクラも、白やみどりや、黄色もありますがやっぱり桃色が多く、このころ、同じように八重に咲く枝垂れ桃や花桃がいっぱいで、遠くからみるとどれがどれかよくわからない季節でした。...

蒼い空の雲、ちぎれ雲・・・・

朝、日がのぼり空の色も荘厳。よく、秋の空は雲の変化がとてもさまざまで、多様な雲が何層にも重なって見えるといいますが、春も、十分変化はいろいろ。ほぼ同じ場所で時間をかえて見上げただけでちぎれては、流れていく雲が、とてもゆったりとした時間をさそってくれます。...

青空の梨の花・・・・

さくらが終わるころ、梨の花がさきはじめました。昨年は咲き始めて、柿の芽がでるぞ~っというときに、季節外れの雪・・・・そうして、凍傷にかかってしまった花やつぼみや新芽はすべて、茶色く壊死してしまい、収穫もふくめて散々な結果となった去年。今年は大雪などに見舞われつつも、4月以降、寒さも雪も、例年通りだったようで田んぼも畑も、いまのところ、順調なあずみの。秋の収穫をたのしみに、たとえば、りんごの木のオー...

さくらで愛でる*松本城

満開を迎えたさくらの松本城をいろいろな方角から撮ってみた画像をならべて・・・外堀からみてみたりすると、意外と松本城が遠かったり。ちいさく写っておりました。松本城を案内するツアーもあり、ちいさなテントに受付がありますので(たぶん)せっかくきたなら、中にはいって、のぼって、いろいろなエピソードを聞きながら観覧するのも、一興です!...

焼きたてパンで、myサンド

ほっかほかの、焼きたてのパンがなんとかお昼のランチに間に合いました。ということで、焼いている間にゆでたまごやらレタスやら、野菜を準備してちょっと切りにくいパンではありますが、まだ生あたたかい焼きたてのぱんに、自分ですきなものをはさむ「手巻き寿司」ならぬ「手サンド?!のパン」パンからつくると、時間がよりかかって自分の手でつくった達成感があってより、美味しく感じるのは、やはりてづくりならでは・・です。...

さくら、サクラ、さくら写真集・・・*

さくらの季節はおわってしまましたがこの春とてもいい咲き具合でした。さまざまなさくらをちょっとあつめて・・・松本、国道19号横の堤防道路のさくらたち。やっぱり水とさくらの組み合わせはなんとなく情緒あります豊科の小学校。サクラでぐるりと校庭をかこまれたひろいひろい、グランド。その真ん中に、2~30ひきのたくさんのこいのぼりが風にそよいで、泳ぎ回っていました。よく、河原の上をおよぐこいのぼりの校庭バージョ...

花咲いた木瓜のうしろは・・・

赤い木瓜の花が咲きました。うすピンクのものもあったのですが、なによりも、木瓜の花に気が付いて近寄ったのではありません。なんだこりゃ・・・?もう第何弾だったかわからなくなってしまいましたが、遠目からはハチの巣か鳥の何かか・・・本当によくわからずに近づいてみたらああ、納得。昨年の木瓜の実がそのまま木になったまま石化<?>したものだったようです。これまたぼけの木々にいっぱいあるものですから、なんだか白い...

青空つきぬける、自転車道路で・・・

自転車道路も、つきぬけるような青空が広がると、乗っていてきもちがいいものです。上ばかりみてこいでいると、たいへん危ないのですが、車もこない、歩行者もほぼいないそんな道を、アルプスに向かってどこまでも行ってみたい気持ちになります。そんな道路脇も、フェンスなどの下は雑草ですが、ちょんちょん、つんつんとさきっちょに輝くつぶがいっぱい。朝陽にきらめいて、すがすがしい一日のはじまりが気持ちよくなる光景です。...

真っ青な、空、どこまでも飛んでいくようで・・・

まだ残雪が残る北アルプス。携帯でとった画像でも、ここまでの青さがでると宇宙までつづく天空を身近に感じられるような気がします気球や、パラグライダーなどを晴れたひは見かけることが増える春以降、こんな日に、鳥の目になって大空から大地を見下ろしてみたいものです。3月末などはとても早い早朝から気球があがっているのが、時折みられました。朝日をあびる上空の気持ちは、またいっそうイメージの異なるものではないかとふ...

続*続・・?さくら集・・・

さてさて、桜画像これで、続々編いくつかわからなくなってしまいました。あきずに、ずいぶんとためこんでしまった桜たちを集めてみました。こちらは、南小学校。外周をぐるりとサクラで囲まれた小学校なので、植わっている桜の本数も全部で70本をこえたと思います(だれか数えた方から御教授いただいのですが、記憶があいまいなので確かではありません。申し訳ありません。)手に届くさくらというのも、愛でるだけでなく、手をの...

自転車道路のさくら。

桜画像…続編・・・拾ヶ堰の横、自転車道路わきには、いくつか桜並木になっているところがあります。まだまだつぼみの時はまあ、こんなもの。遠目だと、サクラかどうかもよくわかりません。桜が満開!になりました。ちょっと近くによってしまったので、上と違和感がありますが、そこはご愛嬌。琵琶湖の疎水っぽくて、何気にいい雰囲気のかもす穴場。少し東によると、有明山を背景に、この桜が並木になっているところもみられたりし...

朝露、萌葱のかがやくごちそう。

ぷつぷつと葉先につく水滴。朝の水蒸気をつけた萌葱色の葉っぱのみずみずしさといったらありません。ただの雑草たちの視線に目を落とすだけでも、上から見て歩いているのとは違ったものがみえるよう。妖精たちの朝のごちそうのようです。...

おお!立派なうどが!!!やってきた。

なんとりっぱな、うど!とはいっても、我が家でとれば緑色にもう葉を広げそうなそして、長くても30センチがやっとといううども、さすがはプロがつくると、こんなに立派でふとくてながい!生で酢味噌をつけていただいたお刺身風?とゆでて醤油づけにして、しばらくながく、たのしみました。う~ん、春の香りが漂います。...

桃色の花を集めて・・・・

4月にであったピンクのお花を集めてみました。3月の黄色い花からはじまって、白、赤とつづきつつ、こうやってみると、4月の桃色のお花も同系で集めてみても、きれいなものです。こぶしも、花びらの形からみると、もくれんよりも華やかかもしれません・・・・はじまりの朝植物たちの一年のはじまりのようです。...

桜:画像集つづき!

さくら写真集第2弾!自転車道路脇の桜並木拾ヶ堰の水路とやっぱりさくら。松本城と桜。さすが、烏城黒っぽい姿とコントラストがきれい桜いっぱいだと、観光客も多い松本ライトアップもあるので、夜まで人がとぎれません学校と水の近くはさくらが多く、なんとも絵になりました。青空に映えるさくらたち。枝垂れ桜なら、八重も同時に咲いていました。...

今シーズンはじめてであった、かえるさん。

お庭などの手入れやあぜ道を歩いていても、蟻んこは見てもなかなか出会わなかったかえる。それも、これまたグリーンでもグレーでも、茶色ではないとても中途半端なかえるになってしまいましたが、アスファルトを闊歩していたところを、一枚。日が照った道路はなかなか暑そうですが、梅雨にはいると、雨になったら田んぼからはいでてくる大量の蛙さんたち。これからもっと大家族になっていくのでしょう。...

花材では、麦がでまわって・・・

麦畑の麦は、まだまだ、ですが、花束やアレンジメントで販売されているように、お花屋さんや市場では、3月から麦はでまわり、そして、もう市場ではみかけなくなりつつあります。季節先取りとはいえ、露地ものがみえはじめんかとするころことしも、麦を乾燥させて、リースや束の販売に、せっせと汗をながします。...

光さす、朝のひととき・・・

雲の切れ間、まるで飛んでいる飛行機からみたようなそんな印象になった朝日。東側の山麓、松本方向のそれも美ヶ原高原の方角からのぼりかけた、朝日。輝くひかりに集まっていく龍のようにも見える雲たち。真っ暗だった夜の暗闇から、光がさしこみ、どこかへと向かっていく手をさしのべているかのようです。朝早いおでかけも、何か発見があるかもしれない、安曇野です。...

よもぎもち~。

こどもの日ということでよもぎもちをいただきました。(それも、別箱あんこつき)昔はよもぎもちで中にあんこもつめて、まんまるでのあんころよもぎもちをよく作ったものですが、もう、おもちも買うことが当たり前の時代になってしまいました。よもぎをゆでて、冷凍して。。。おもちをついているときのよもぎの香りはたまらない。ほっこりとしたもち米の湯気と、ヨモギの香りがあいまって食べるときなんかよりも、作っている最中が...

先日の碌山忌・・・

4月22日に、今年の碌山忌がありました。その記念講演は別日にあったそうですが、この日はツアーバスなどとにかく観光客が多く見受けられた日。まあ、入場無料ということもあって、普段あまり足を運ばない方も出向かれるいい機会のようです。建物がいくつかにわかれているので、外のお庭にしても、ゆったりとした時間が過ごせる碌山美術館。穂高駅からも歩いて約10分程度なため、JRでも、車でも移動に困らず行くことができます。や...

国営あづみの公園にて、早春賦音楽祭!

国営あづみの公園 堀金 で、早春賦音楽祭がひらかれます。毎年、地元の小学生や、そのほ合唱から楽器やいろいろな種類のイベントが行われ、賑わいます。ふつうに遊ぶだけじゃ、つまらない!なあんて場合には、せっかくのイベントを楽しむことが第一!お子様連れでも、園内を歩きながらもどこからか歌声がひびいてくるような、そんな新緑のあづみのを満喫してみては・・・?...

ミントがやっと見えてきました。

ながながと建物と赤松林のかげになって、雪がとけなかった有明の森。ひかりの届かなそうなそんな中でも、しっかりと芽は伸びていた様子。あともう少しのびたころ、朝露にぬれたハーブたちは、いつもより輝きを増し、そしておいしいハーブティーになってくれそうです。...

ラナンキュラスの花束で・・・

まだ色さみしい有明の森ですが、こんなに色あざやかな花束が輝かんばかり。オドリコソウやなずななどの野の花や連翹や桜をみて、その可憐さを感じていたところにこんなパッションカラーはとても目をひきます。どんなに、3月などの咲き始めの花が黄色が多くても、春、桃色カラーのファッションがやっぱりかわいい、うれしくなるそんなほほえみピンク!...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事