安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

スポンサーサイト

安曇野のゆるきゃらで・・・

信州のゆるきゃらというと、アルクマですが、ここ安曇野にもゆるきゃらがいて、この4人(4ひき・・・?)りんごとわさびとおこめとそばの種類だったとおもいますが、名前がうろ覚え。「わさっぴ」と「らいすん」は覚えているのですが、ちょっと今おもいだせません。(安曇野市HPか観光協会の公式HPなどでごらんください。すみません)なにしろ、頭がおおきいので、実際に会うとその頭を支えるのがたいへんで、ちょっと気をぬくと...

どんぐりコーヒーってどんな味・・?

どんぐりコーヒーって、いったいどんな味なのでしょう。たんぽぽコーヒーなどそういったものと似たような感じでしょうか・・・?前にどんぐりまつりなる福祉関係のお祭りに行ったところ、どんぐりグッズやどんぐり食品、パンやお菓子、飲み物にいたるまで、どんぐりだらけ!ワークショップだって、どんぐり。どんぐりにはとても思い入れがありますがこちらをいただいたとき、コーヒーを飲んだあとも、なかのコーヒーガラはこれまた...

今シーズンとてもあたたかい信州で・・・

毎年、12月のスキーシーズンに入ると、シーズン券や割引券などを先行購入いたしますが、実際こちらは毎年賭けのようなものでもあります。とても寒かったり、寒さが続いたり、または、雪が多いシーズンはとにかくラッキーであり、十分楽しめますが、今年のように1月末からすでにあたたかくなりつつあり、そして、雪の吹雪ではなく、雨が降ってくるなかで滑るなど、とてもその気候と温度、自然界の営みに左右されるからです。こうな...

遠く、手のひらを広げたような、ポプラの木

澄み切った青空に大きくたたずむポプラ大木。常念岳の欅のように、何かと大木が目立ちます。都会にいると道が広いせいか、その街路樹自体や公園の木々がとても大きいはずなのに、そのまわりの建物や道路のせいで、それほどその大きさを感じないことがしばしばあります。そして、その下を歩いていても、みあげることもあまりいたしません。だからこそ、地方の場合、その周辺がとても広くそして天にのびるその枝が自由なためか、大木...

うどんの湯気でほっかほか

いっぺんに作る量がある程度多いため、たくさんんの人が集まるとわかっていたときに作ることが多いうどん。ゆでたうどん湯は蕎麦湯のように利用することができないところが、ちょっと残念。それでも、この生うどん、寝かす意味も含めて打ったその時に1回分別に冷凍しておくと、数日後のランチで、ほっかほかのゆでたて釜うどんが食べれてしまうのです。不思議と、数日後あ、やっぱりもうちょっと食べたいなそう思うのが、麺類の魅...

鴉城 松本城の冬は、ちょっとさみしい・・・?

黒いお城として名高い松本城も、桜などの広葉樹の葉がおちてしまうと、なんだかとてもさみしげな城塞のよう。冬の城下町は、江戸時代などどのように栄えていたのだろうと、思いめぐりたくなります。1月の中旬にある、松本あめ市は、そのはじまりなども諸説あるようですが、「塩」をテーマにされる特色のあるもの。あまい飴細工や、塩を使ったお土産品、そして、だるまたちもたくさんならんでいましたが、そこは歴史のある松本。神...

ステンレス道祖神

先日の穂高神社豆知識の第2弾。なんでも「日本一のステンレス道祖神」というタイトル。はつらつと健康長寿を願い、いつでも心が輝いていられますようにと、いうことで、ステンレスで製作とのこと。(男女の健康長寿日本一記念)と、書かれていました。なんといいますか、とても大きなものなので、まあ、等身大というところ。記念写真をとるなら、長寿健康にあやかって、触れているところをパチリ、と一枚いかがでしょうか?がんば...

先月、井上百貨店で・・・

先日、松本駅前の井上百貨店の催事売り場で、松本・安曇野物産展がありました。地元で、地元物産展をするということで、アルクマやほかのゆるきゃらたちも、集合したようで、なかなか活気にあふれたようですが、ふと、考えるのです。安曇野というブランドは、他県つまりは、県外でどれほどの認知度があるのでしょうか。。。ともし、これが東京だったらどうなのだろう、もし、伊勢丹だったら?などなどいろいろと、観光で生業をたて...

そして、またラッキーな八方尾根で・・・

白馬山ろくをこんなにも深い蒼でみられるのも、本当に少ない機会かと思います。こんなコンディションで滑ることもうれしいですが、滑ることに意識の集中よりも、あの山の向こう、あの峰をこえて、あの蒼い空のかなたに吸い込まれそうな、どこまでもただ青い空間の中へ飛んでいけるようなそんな錯覚におちいります。きっと、八方尾根の急斜面とその長い長い距離がさらに加速させてくれるのでしょうが、凍るような空気をきって、滑り...

冬のバナナとは、あまり手がでなくて。。。

一年中ずっと売り場には陳列しているばなな。不思議とトロピカル南国フルーツだからか、夏はとぶようにうれても、冬はあまり買う気がおきません。実際、みかんやいよかん、不知火などの柑橘類に、手がのびます。なので、とにかくバナナが特価値段になることもしばしば。おかげで、バナナシフォンやバナナケーキをなぜか大量生産してしまったりします。黒豆をいれて、黒豆とバナナのケーキやら、チョコレートとクランベリーをいれた...

めったにない、八方尾根の快晴

八方尾根スキー場の山の上。ここは、通常たいていくもの中。もし、このように晴れていても、お昼までにはガスって、午後はもう真っ白ななか。ですが、先日のある日は、まる一日快晴の青空と白い峯。めったにありえないような、すばらしいコンディションでした。また、ほかのスキーゲレンデと八方尾根の違い。もちろん、傾斜が厳しく、そして長い、というそういったこともありますが、写真のとおり、なんといっても、「スキーヤー」...

除雪の雪山も、見上げるほどで・・・

やっと顔をだした青空。どんよりとした灰色の曇天と吹雪のような雪の景色だったのが、一変。2日間で降った降雪量は、60センチを軽く超え、先週のたまった雪山もまだ消えていないところへ重ねていったため、見上げるほどの高さとなりました。つまり、そこまで雪を持ち上げなければならなかったわけで湿気た雪はまたたいへん重く、腰にも腕にもあとでその重みが痛みとなってやってきます。結果、約2メートル以上に達した雪山でさらな...

降りやまない雪・・・

そして、大雪にみまわれた関東甲信越・・・もちろん、安曇野も例にもれず・・・・夜、7時までいに30センチの雪をかき、それから一時間約5㎝の積雪があり、そのままざんざかざんざかと、一向にやむ気配もなく、そして明け方、(画像は明け方4時のもの。轍だらけの県道です)さらに20㎝くらいの積雪をかき、ゆきの塊となった車をかきだし、そして気が付くと、朝7時・・・終わったはずのところを振り返ってみれば、すでに積雪7センチ...

また、今週末も、雪で・・・・

今週末もまた、雪にみまわれた真っ白な世界。先日の雪も、やっと部分的に土が見えてきて、雪ひよこなんてつくれたのに、また真っ白のなかに埋もれてしまいました。これ以上前回の上に積み重なると、化石のようなそんな雪と化し、地層のようになり、結果や根雪もふくめたいへんなことになるので、降ったあとも、危険地帯となります。かまくらも、また、雪山となりそうです。...

チョコで、バレンタインデーで・・・・

本日は、一応世の中バレンタインデーということでチョコレートを食べる日かのように思うところがありつつよく考えると、いただく日(男性が?)だと気が付いたり・・・会社に勤めていると、世の中の慣習などやはり、流れというものがありますが、冬の木枯らしが吹くサービス業はあまり縁がありません。ひとむかし前ほど、百貨店などの売り場も大きくはなく、市場としては小さくなっているのでしょうが、それでも、話題性というイベ...

なつかしき、冬季オリンピック

2020年の東京オリンピックの話題になると、NAGANOオリンピックの話題もなつかしい映像のひとつとしてよく比較に映し出されます。八方尾根は、アルペンかそういった競技の会場だったと思いますが、日が経つのは早いもの。ついこの間のように思う反面で、スキー人口も激減している現在。毎年ひとつづつ、今シーズンはお休みさせていただきますという閉鎖の看板を掲げたスキー場が増えていくたびに、とても(´;ω;`)かなしい気持ちに...

たまには・・・B級グルメ・・・?

関西だから・・・とよくいわれますが、たまに、たこ焼きやお好み焼きがでてきます。(晩御飯ですが)たこ焼きも、最近はたこだけではなく、ソーセージだのチーズだの、まあ、これこそ、「おすきな焼き、つまりはお好み焼き」みたいなものですが、焼きたてをはふはふして食べるところは露店と同じ。ただ、鍋奉行とおなじく、つくれる数が限られているために、次々と作らなくてはならないところがちょっと機械的。まあ、この忙しさも...

そして、山になった雪はというと・・・

いくつもできた雪山。そのひとつをくりぬき、かまくら・・風?しっかりきっちりとつくれなかったため、洞窟状態のような、かまくらですが、まあ、人ひとりはいれるスペースがあり、やっぱり、こんな穴があると入ってみたくなるのが、世の常でして。何をするではないですが、まあるくなって、はいり、お日様をながめると、なんだか自分の小ささをちょっぴり感じてしまう、そんな自然の偉大さでした。今シーズン、大雪はこれにて終了...

どこまでも広がる宇宙の蒼

放射冷却の厳しい、マイナス10度の世界。朝、雲ひとつない空の北アルプスでした。ケータイで撮った画像にもかかわらず、ここまでの青のグラデーションででてきます。本当に、宇宙の青がそのまま映し出されているかのようなそんな深淵のBlueにこころうばわれる、そんな朝の蒼と白の世界です。...

昨日からの、雪で・・・・もう真っ白

一面真っ白の世界。時折、三角や丸い白い塔やかたまりがあちこちに・・・全くといっていいほど、昨日の雪は降りやまずそして一向に解けず、ただただ、降り重なってゆく細かな雪の結晶。結局、4,50センチに達してしまった、今回の積雪。昨日のこの状態の数倍となりました。置きざらしの車は、巨大な雪のかたまりと化し、歩道はないものとなり、道路は片道通行のようなもの・・・田んぼに落ちたり、ひっくり返ったり。縁石にのり...

大雪、積雪、しずかにこんこんと・・・・

明け方にはすでにこれはまずい降りかただ・・・と覚悟を決めておいた、窓の外。あまりに静かだと、まさか!と不安にかられてカーテンをのぞきます。それが単なる夜中の静けさならよし、しかし、本当に、「しんしんと」ふるその音のなさは不気味なほど。静かに静かに重なり合う 水の結晶は軽くそして音もなく、ふわりと降りてまいります。そして、扉をあけた現実は汗水たらす雪かきとして、重労働となってかえってくるのです。全国...

大きな田んぼの中の欅

冬は、晴れた空を撮ると、とにかくブルーが美しく映えます。前に冬のヨーロッパに行ったときは、もう、その蒼さに感動したものです。(海よりも空の青の方が好むので上ばかりみておりました)この欅と石碑の場所も、ここからの北アルプスは結構綺麗で、何より、常念岳を背景に、いいロケーション。四季の欅の樹をおいかけたくなるような、そんな大樹。どちらかというと、この石碑がちょっと邪魔なくらいですが、新緑の季節、このし...

昨年の、碧いとまとが・・・・

昨年11月頃に、霜などでもう限界になったトマトハウスたちも片付け。これ以上まっても、赤くはならないトマトたちをピクルスなどにしたもの。通常のお漬物も山のようにできているのですが、カレーやポトフなどの煮込みものを作った場合は、やっぱり月桂樹などの洋風の香りからか、同じ酢のものなどでも、こちらのほうが合います。普段これだけで口にするとあまり美味しさを感じないところですが、寒さのあまり、スープや煮込みがあ...

今頃見つかった、画像が・・・

年末におやすみしていた碌山美術館。元旦からあいているスポットとしては、安曇野一帯の美術館さんは、結構開館されています。碌山美術館など、こんな看板を掲げておいででした。ちゃんと、新年のご挨拶がはいっているあたり、3が日くらいこのままだったのでしょう。(見つからなかった画像がやっとでてきたので、こんな季節になってしまいました)冷え込みも厳しくなる中、安曇野は静かながらも、冬期のお休みなく、開館、営業し...

暦の上では、もう春!

市場などでは、露地で咲く花たちの2か月前くらいがもっとも華やぐ花たち。さくらや梅、ぼけやミモザな蠟梅や山茱萸などなど、木々の花をはじめとして、チューリップやスイトピー、水仙とにかくパステルカラーの花が咲き誇りそしてたくさんの種類がならぶ2月。イメージとしては、卒入学などの3月末に千葉などのお花畑をはじめとした太平洋側の海岸沿いの花畑が満開などのニュースをきくと、春を感じるものですが、市場などでは、2月...

和菓子のお重

毎年、ちいさなちいさなかわいらしい2段のお重が届きます。中は素敵なかわいい和菓子。こんな機会でもなければ、めったにここまでたくさんの種類の和菓子をいただくことはまずありません。よりどりみどり。お抹茶でいただく上生菓子をぐっとちいさくしたものなのでとにかく、量も甘さもゆっくりと堪能。ちょっとづつ選ぶ楽しみとともにいただきます。毎年まいとし、本当にありがとうございます。...

本日、節分、豆まき日和。・・・?

本日は節分。最近は大豆だけではなく、落花生などをまくためにお店の売り場もたくさんいろいろなグッズが売られるようになりました。ただ、全国のコンビニでも予約販売などされるようになってしまった恵方巻など、柊、イワシ、などなどちょっと地方性のよさが少しずつ失われているような気もしないでもありません。そもそも、節分とは、立春の前の日。暦の上では、もう、春の音。豆まきをして、冬将軍という鬼をもう払う季節となり...

冬の、ゆっくりカレー煮込み・・・

冬はとにかく煮込みとじっくり。時間がない春夏と違って、とにかくゆったり、時間もたっぷり。同じカレー風でも、炒める時間も手間も、夏に比べれば、その数倍。寒い厨房にじっとはしていられませんが、オーブンやレンジに火をいれると、さすが、暖かくなり今度はここから動きたくなくなるもの。真の底から冷え込むのは、マイナス2桁のこれから・・・でも、空気が凍るくらい素敵な朝は、すばらしい自然の出会いに感謝したくなりま...

穂高あめ市!わくわくイベント

2月1日のプレイベントからはじまり2月2日がメインイベントの穂高あめ市。ウオークラリーや安曇野みちあかりと銘打った紙袋ランタンづくりやライブ演奏などちょっとたのしいイベントが!冬も、たまには安曇野へおでかけください!福あめ投げ(無病息災を願い、福あめを投げるイベント)があったり、餅、あったか汁のふるまいなどなど、北風吹くなかでも、きっとあったかくなること間違いなし!あめ市とは・・・・戦国時代、越後の上...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。