安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

スポンサーサイト

 さあ、冬のイルミネーションがはじまります。

 山のようなペットボトル。こちらをくみあわせて、作品に!いつもの しゃくなげ荘近く八面大王足湯の近辺に大きくイルミネーションが行われます。(本年にて終了!ということでぜひぜひあしをお運びいただきたいです。ロータリーにあるペットボトルツリーをはじめとして、小学生や児童クラブによるペットボトルイルミネーションの作品も道沿いにならびます。年々豪華になるようなそんなイメージもありますが・・・?...

VIFで発見、おもしろ苗。

パッと見、クロッカスなどの苗のようにも見えたこちら、ラッキョの苗。にんにくのように、1苗に、こどもがいっぱい株のようにできますが、ある程度ないと漬けることができないような気がします。となると、一体なんポット買うのでしょう・・・?来年の6月頃には収穫できると書かれておりますが、数十年前の初夏のころは毎年根っこのひげとうすいどろのついた皮をはぎとって、山のように作業をした記憶があります。でも、その作業よ...

紫たまねぎの、特製ドレッシングで・・・

霜でやられていないグリーンたちを盛り込んだサラダ。水菜もほうれん草も、レタス2種類もとりたて。夏に豊作だった、アーリーレッドの玉ねぎをすりおろした特製ドレッシングをおかけして。さあ、夕食のはじまりです。デザート用に準備した食用ほおづきたち。こうなると、ほんとうに、羽根つきできそう?!笑!!...

すいーとぽてとの、パイ!

大量のさつまいもを、いかにおいしく食するか・・?!ということで、スイートポテトもちょっとつまらないのでそろそろ別バージョン。パイに焼き込んだタルト風。意外とサクサクとしていて、紅茶といっしょにたくさん食べられてしまいました。デザートでも、お出ししております。運がよければ、お召上がりくださいませ!!ごちそうさまでした!...

すいーとぽてとでパイ!のでざーと。

さつまいもいっぱいということで先日もつくったすいーとぽてとのパイ。こちらを今回は とある日のデザートに。生クリームをちょこんとつけて、はねつきの「はね」のような食用ほおづきをのせて。そぼくな甘さをどうぞ!...

ある晴れた日に・・・

ある晴れた日。早朝から濃い霧に覆われた安曇野で陽がさすと、たかいたかい青空が広がっていました。稲刈りのあとの田んぼをぐるりと一周もうすぐ冬というところでチガヤが穂をひろげておりました。がまの穂とも似たイメージからか、晩秋肌寒い中にいると「いなばのしろうさぎ」のことば(お話ですが)をおもいだしてしまいました。ふっかふかで、あたたかそうなそんな揺れる穂が愛おしい 季節です。...

さむさのなかで、あおあおと・・・

上からのぞくわさび田といえば、黒いおおい。こちらがはずされていると、なかのみどりのわさびたちが見えて、なんだかほっとしてしまいます。きらきらと輝く湧水たちに鍛えられたこのわさび、ツーんとおもいだしてしまうのは、これもやはり、パブロフの犬状態なのでしょうか。。。...

とある日の、ランチ。

ワンプレートランチは、なんだか いっぱいぎゅっとつまった宝箱!たとえそれが冷蔵庫ののこりものだったとしても、ちょっとづつ、ひとくちづつ、つめこんだだけで、いつもとちがう、そんなごはん。おにぎりだけ、このみのものをつくってしまえば、ちょっとウッドデッキにランチョンマットをひいて、たのしくごはん。テレビとごはんより、きっとおいしいですよね!...

あさつゆの、かがやくネックレス!!

きれいな、透き通るようなしずくのネックレスそう、いつもなら通りすぎてしまう昆虫の巣ですがこのとことの連日の「霧」毎朝、とにかく無数のクモの巣にこまかなこまかな雨粒がびっしり!!!これぞ、真の美しさ自然の芸術です。あまつぶの大きさのあれこれがその輝きをよりひきたてた、朝の風景です...

冷え込みも厳しくなって。。。でも間に合った完熟!

どうだんつつじが真っ赤に紅葉。今年はずいぶんとあたたかい日がつづいて、紅葉が心配されましたが、台風などによってかやっと10月末に急激な寒さが!おかげで、とてもあざやかな錦色がひろがっております。そうして朝露が毎朝びっしりと植物たちにつく朝、わすれられていたいちじくを発見!今年はとにかくカミキリムシに木をやられて穴だらけ。収穫はもちろん、木じたいが枯れてしまうかと思われましたが、これだけ、収穫できまし...

なつめ*りんご酢 いったいどんなものに。。。?

いったいどんなことになるのか、摩訶不思議こちらは、収穫したナツメとりんご。水分は「お酢」なつめりんご酢として紹介されていたものを保存びんにて、つくってみました。数ヶ月後に口にはいると思うのですがどんなものになるか、ちょっとこわいと思いつつおもしろい興味でいっぱいですこちらが、新聞記事。さてはて、この結果いかに・・・?!お楽しみに!!...

さあさあ、干し柿の季節です。

枯葉がおち、木々には鳥がつつきやすいようなそんな大きなえさ台となった柿の木が林立干し柿のために、せっせこせっせことむいております。4月に降った いちごやなし、りんごの花に雪がかぶったあの事件のおかげでとにかく今年は農産物に対しての影響がたくさんありました。こちらの柿もおなじ。新芽がでたところを雪にみまわれ、半分以上が霜で凍結。再びでた新芽からの花にかぎり、実をつけました。おかげでいつもの7分の1く...

第1回安曇野新そば祭り&食の感謝祭にて。

16、17日の週末、第1回あずみの新そば祭り&食の感謝祭が行われました。穂高神社の南北の神苑を大きく使用してのお祭り。いろいろなそば屋さんがそろったこちらはそば好きには、たまらないまた、チケット制ということもあってご家族などでは、さまざまなそばを試食状態のように召し上がっていた姿も天候にはめぐまれ(ただし2日目は強風!)とても賑わいをみせていました。舞台の上では、いろいろな出し物などもあり、信州あ...

秋の空と、秋の実と。

同じくして、栃の実も。最後のひとつが枝にのこっておりました。われるとぷっくり椿やお茶ののたねとおなじようなそんな実ですが、栃の実といえば、とちもち。いかにもアクがつよく、川など流水につけておかないと利用ができない、こちらははちみつでさえ、黒っぽく、そして独特な味がします。花ですらそのアクがでていることを象徴するようなそんなはちみつ。ぜひ、いちどお試しください!(駅の近くのはちみつやさんなどでも、売...

オススメビューポイントの看板!

こちら、穂高駅から少し西へ(北アルプス方)へ行った富田橋近くの路上。(車では近くまでは行けますが、多少歩きます。なぜならやまびこ自転車道路上だからです)そこで、それでは、と一枚。6時前くらいの、朝日です。そして。真逆の真後ろを一枚。朝日を少しあびた、北アルプス、有明山です。そのまま、10分後くらい。少し南へ移動しました。そして、最後、秋らしい揺れるエノコログサを前に、朝日。眩しいながらも、凛と澄んだ...

秋のそらと、てくてく歩き。

高い高い秋の空。もみじも紅葉して、ヘリコプターのようなもみじの種が、ひっしと枝にくっついています。くるくるとまわりながら落ちる姿はどこへたびする、こびとがのっているかのよう。ふりむくと、黒猫が・・・ゆっくりと歩いてお散歩中。目の前を横切ると、それはとても良い兆しだとか。きっといいことあるのでしょう。ラッキー!...

すごい!!なんだこりゃ?!野菜。

すごいもの、発見!つるのあたまか、へびのすがた?!いやいや、こちらはれっきとしたたべもの。野菜です。いただきものだったのですが、いろいろなズッキーニを今までも(かぼちゃの円盤のような白いズッキーニや、黄色とのまだら模様など)見た目はともかく、たべると、きちんと「ズッキーニ」(笑)ながーくむいて、パスタ風にしても、きっとおもしろいかも。ちいさく切ってしまうと、面白みがなくなってしまいそうな、そんなお...

その名も、名月

こちら、青りんご、というほどではないのですが、赤みをおびた青系りんご。熟すとうすく黄色みをおびます。その名前は「名月」黄色くなってあまみをおびると確かに、お月様のよう・・・?それで名月かどうかは存じ上げないのですが、秋映えや陽光、王林、シナノスイートやドルチェ、シナノゴールドなどなどいろいろな銘柄がでるなかで、あまり、流通にはのらない品種。物産センターや道の駅、スーパーの地場産売り場でもお見かけし...

この秋、ほりたて、さつまいもで、お菓子!!

さつまいもが、とても大豊作!すいーとぽてとや焼き芋など、とにかくいろいろ作っておりますが、宿泊のお客様が多いと、ホールサイズで作ることになることも、しばしば。ということで、今回はパイ生地にさつまいもクリームをのせて焼き込んだ、すいーとぽてとパイ。さっくさくで、上にトッピングしたコーンフレークとアーモンドが、たのしい食感を与えてくれます。召し上がりにおいでなさいませ!!やっぱり、秋は、「芋、くり、か...

紅葉も、またたくまにうつろいで・・・

晴れた日の北アルプスは、山のあちこちに点在するイエローや橙色の部分は日に日にあざやかで広がっている気がします。裾野では、かえでやもみじ、ハナミズキややまぼうしなどなど燃えるような真っ赤な ドウダンツツジにいたるまで秋本番となりました。16、17日の穂高神社界隈での「新そば祭り」では、きっと香りのよい お蕎麦がいただけそう!そのほか、スイーツや地元高校による米粉や米粉スイーツなどとにかく、安曇野らし...

秋の紅葉*碌山美術館

ニシキギやけやきが色付き、レンガの建物「碌山美術館」を彩っています。この季節は、安曇野全体さまざまなところでスケッチや、三脚をたてて撮影されている方々がとても多く見受けられます。ツアーやクラブなどの同好会のグループでたくさんの人々が角度をかえて、スケッチされていらっしゃいます。同じものを見ていても、モチーフの映り具合というのがことなるから、きっとおもしろいのでしょう。日差しはあたたかいですが、吹き...

にょきにょきとむくむくと出会ったのは、かわいいきのこ。

ちょっと、雨がつづくと、こんなものが、あちこちに生えてであうことができる安曇野の森。きのこ狩りにくるひとびとは、毒きのこにであうと、ぬいてけっとばしてあります。思わず写真にとりたくなるようなかわいいきのこ!でも、絵になるきのこでも、それが毒ならば、ぽろぽろと道路際にすておかれてしまうので、雑木林などでであったときに、アップで写真をとっておきたいきのこたち。もちろん、食べられるキノコは、即座にとられ...

なんだか、ブツブツのないアボガド?!

ブルーベリーなどの枝にからまりついた、ながいもたち。小指のつめほどの大きさのじゃがいもに似たちいさなつぶつぶ。そこには、いのちをつなぐための情報がたくさんつまって、つるにくっついております。そう。葉っぱの根元につく、あれ「むかご」です。ゆでると、こんなみょうちくりんな色になってしまいました。通常は、炊飯器につっこんでしまったり、そのあま素揚げにしたり。。とおつまみ程度にするのですが、なぜか、ゆでて...

ほうれん草も、やわらかくって・・・

まあるく葉がそりかえるので、なんだかふくらんだぷっくりほうれん草。こまつなや白菜なども同じように、まあるくて、おいしそうな秋冬葉物。春先のとは異なり、茎もなにもかもがやわらかい芽がでたてのほうれん草たち。お味噌汁などにいれると、そのやわらかさがなお一層かんじられます。...

森のなかで、かくれんぼ。

森をおさんぽしていたら、親子のにゃんこと遭遇。野良さんのてけてけ、お歩き中だったようで、1mくらいなら、逃げません。カメラを近づけたら、するり、と奥へはいっていきました。カサッと音がしたと思ったら、別のところに、真っ黒にゃんこ発見。おこちゃまにゃんこは、2匹おりました。あまりじーっとみていたら、親にゃんこに、「ぐーっ、ぐーっ」っと警戒されてしまいました。そのあと、夕方通っても、やっぱり同じところにい...

朝日がのぼる、露ひかる。

ぐん、と冷え込むようになった、朝晩。突き抜けるような遠く高い空 東の空に朝日がのぼります。山からでてきたばかりの日の光は、夜露がついた草たちをいっせいに輝かせてくれます。道端の雑草ですら、ちいさな雫の輝きで何者にもかえがたい 命の美しさを垣間見るそんな、晩秋の 一コマ。...

安曇野スタイル、みらいでも展示やワークショップで!

「みらい」では安曇野スタイル期間中、そのフロアでいろいろな作家さんの作品などの展示も行われていました。このまんなかで、机などがおかれてワークショップが開催!(もちろん、要予約)車でまわるもよし、たまにはレンタサイクルもよし、そして、周遊バスもでておりましたので、時間の制約さえなければ、ゆったりと安曇野をてくてくまわるも、とってもgood!!さあ、最後の日です。いったいいくつの会場をまわることができ、そ...

歩いてみると、意外な発見。

安曇野スタイルなど、この連休はとにかく安曇野!満喫です。普段は開放されていない、独自の作家さんの工房などを見学できたり、販売があったり・・・周遊バスも運行され、必ずしも車でなくても、いろいろなところが見学できます。120組くらいの参加があったと耳にしました。もちろん、集合で展示されているところ(たとえばカジカの里など)もあるために、回る場所もそこまでは多くはありません。知らない路地に入りこんだりす...

秋の連休、パンもぱく。

宿泊があると、朝食のパンも焼かなければなりません。とすると、必然的に、何回かに1回は、焼きたてパンだったり、こんなピッツアだったり。畑で収穫してきたばかりの、まだどろつき野菜をちょっとだけあらって、パックリとわれてしまったプチトマトなどを切ってはのせて、やいてしまって。。。 そして、どろりと、かけてしまいました。今回、ちょっと手違いがあり、先にチーズをかけて、そして野菜、オリーブオイルだけかけて焼...

秋の日の、おでかけ

安曇野は、秋は本当にイベントもりだくさんの季節になります。あづみの公園などのイベントや無料開放、まちゼミと称する、街の個人商店さんの耳よりな講座、古本市、そば祭りなど。とにかく目白押し。なかでも、11月文化の日をはさんでの連休にかけて、4日間おこなわれる「安曇野スタイル」は、このクラフト展示のためにわざわざ、遠方よりお越しになる方がとても多いとのこと。周遊バスなどもあり、電車で訪れても、こまらずに、...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。