安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

スポンサーサイト

ちょっと、おでかけ。(*゚▽゚*)笑っちゃうおべんともって。

たまには、こんなおにぎりもって。明科の廃線路跡などのウォーキング写真撮影色々と出歩くこともありますが、そんなとき、手弁当という名ばかりのもの。おにぎりとお茶だけもってでかけることもしばしば。りゅっくにいれて、ゆられてしまえばくずれていることもありそうですが、開けてビックリ、なこともオモシロイ!キャラ弁という今流行りのおにぎりもってさあ、秋の安曇野を歩いてめぐってみてください!11月も、新そば祭り&収...

ぷっくり。たわわに実ったまるめろ・・・?

ぷっくりと枝からしなった姿はまだ青いまるめろ。もうしばらくすると、黄色くいろづき、砂糖漬けにしてしゃりしゃりといただきます。ただし、意外と虫食いが大変で、あけてみないとわかりませんが、虫のおうちの廊下が縦横無尽に 走り廻っているとたべるところが、とってもちびっこ。出荷でもしない限り、ほぼ農薬などはかけない庭木なため、まあ、そんなところでしょうか・・・でも、風邪っぴきの季節、のどがいたいかな、、、と...

ドライフラワーの展示会での作品。製作!

今年の展示会のテーマはクリスマス。真っ赤な鷹の爪をあつめた、あったか暖色クリスマスにすることに。大きなリボンが印象的なこちらのリースは、約4、50cmくらいはある大きなもの。当日は低価格にて、販売予定。こちらの小作品は、暖色クリスマスのミニバージョンあったかい炎とクリスマスツリーにみたてたクリスマスの作品。まだ、12月まで時間があるように思いつつ、世の中は、もうすぐ、クリスマスムードに染まっていきます...

コトン、とひとつ、ふたつ、ミーつけた。

風の強い日は、いろいろなものを発見するチャンス。本日のお散歩の収穫は、こちら。ドイツトウヒ(?)通常赤松林のなかで、暮らしていると、松ぼっくりや落葉松はあたりまえとなっていますが、こういうものを見つけると、うれしくなって拾ってしまうもの。ちなみに、こちら、森の中ではありません。実は、穂高神社近くの穂高総合支所(旧穂高役場とよばれていたところ)の正面にある木です。ここまで来なくても、ほかにも拾えると...

くり。くり。豊作、クリ三昧。

ちいさな、実生のやまぐり。今年はなぜか、大豊作のようで、駐車場に植えてあった大きな栗の木を切ってしまって栗拾いができなかったところを、かごいっぱいに、小さなやまぐりを収穫。落ちたばかりだから、とてもキレイ。虫食いも少なく、てっかてか。ただ、皮をむくのが、ちいさすぎてとても、とてもたいへんでした。何度もゆでこぼし、そして、できあがったのがこちら。もう袋につめてしまいましたが、くりの渋皮煮のできあがり...

またもや、渋皮煮・・・

いただきものの大きなクリと、ころころと道路におちてくる山栗をせっせと皮をむいて、(たまに虫に出会いながら・・・)ゆでこぼすこと数回、そして、甘煮。じっくりと時間をかけて糖蜜が浸透してゆくそんな秋の夜長に、ひとくち、ぱくり。ん~、あ、( ゚v^ ) オイシイ!!ごちそうさまでした。あ、やっぱり、もう一口味見しておこう。ぱくっ。...

みずみずしい、水菜。

あおあおとしたきれいなグリーンは、水菜。鍋の季節には、大事な役割ですが、これくらい小さいとサラダやおひたしにしても、みずみずしさしか残らない、そんな若葉。シャキ!!ポキッ!!う~ん、いい音!...

秋のレタスで・・・

秋色した、サニーレタス、というわけではないのですが、霜が降りるまでのもう少し葉物たちは大活躍の葉っぱを広げています。夏に山のようにかさになった 結球レタスやサラダ菜たち。 野沢菜もだいぶ大きくなり、もう少ししたら、漬物の準備です。浅漬けのおいしいうちにも、是非オススメ野沢菜は、霜がおりてからが、本番です。...

採ったさつまいもには、おまけがあって。

本日の、収穫。とはいえ、ちょっといつもと違うのが、写真の左上。枝のような、みどりのもの。こちらは、さつまいものつる。葉っぱなどを取り除き、茎だけの状態(?)にしたもの。こちらは、きんぴらやただ軽く煮るだけのおばんざいですが、ふしぎとごはんが進むから、すごい力です。全く根拠はないのですが、なんとなく繊維質たっぷりそうな、そんなお惣菜です。ああ、おいしかった。汗水たらした、おいしさかな・・・?...

ひさしぶりの、ふたごちゃん。

茶碗蒸しをつくろうとおもって、割っていたら、あらあらあら。久しぶりにみた、ふたごのきみ。ちょっとわれてしまいましたが、実はこちらは2こめ。3つ割って、2つがふたごでした。だから、なんというわけでもないですが、4つ葉のクローバーを見つけたときのように、ちょっとうれしくなってしまう、稀有さです。...

さつまいもほり、終了!

極太のさつまいもが、ごろんごろん。本年もとても豊作だった、さつまいも。もちろん、スープやサラダ、付け合せ、といろいろと活躍してくれますが、やっぱり、暖炉で焼く「焼き芋」が一番おいしそう。新聞もこげいろになるくらい、ほっくほっくのあっちあち。山吹色のさつまいもは、ほんのりあまくて、いい匂い!ごちそうさまでした。まる!...

旅先で、ありがとう。

宿泊先で、バースデーのお祝いや、日頃のありがとうを形にしたサプライズは、きっとうれしいもの!予約時にいただいておけば、夕食後などに、召し上がるためにご準備させていただきます。きっと、思い出に刻まれること間違いなし!...

ハロウィンかぼちゃをつくっちゃおう!

今年とれた飾り用のおもしろかぼちゃこちらを使って、いたずらしてみましょう!ハロウィンの、おばけかぼちゃをつくる様子。底から穴をあけて、中に火をともせば、ちいさなハロウィンかぼちゃのできあがり。あまり長くもたないところが、残念でもあり、儚さの情緒風情といったところでしょうか。毎年いろんなかぼちゃを作ります。来年はいかがなかぼちゃに挑戦?!...

きのこ、収穫。たべちゃいました。

秋になると、森のなかも、きのこがいっぱい。食べられないものの方が、圧倒的に多くみることができますが、たまには、きのこ汁をしたりします。なぜか、軸がむらさきいろになり、ちょっとあやしいように見えますが、バターのような、コクのあるねっとりとしたあじわいのこちら。大根おろしをかけていただくのが、いちばんおいしいように思います。...

あづみのフェスタ、無料開放の日。

先日の土曜日、12日は、あづみの公園(穂高堀金地区)の無料開放でのイベントがありました。B級グルメなどの販売の他、とにかくヽ(・∀・)ノたのしいイベント満載。9時からシャトルバスなど、とにかくにぎわっておりましたが、さすがの終わり間際、30分まえでは、間近の第一駐車場まで、乗り入れができました。ぐるりと1週でも、結構たのしめます。5月にも無料開放日があったりなど、お得な日もあります。ぜひ、チェックしてからLet...

ナツメ、ぽろぽろ。

しだれた枝先いっぱいに実がなったナツメ。砂糖煮やいろいろとしましたが、今はただ、アレンジメントに。このままたべると、ぼけたりんごのような、なんとも美味しいとはいいきれないそんな、秋の実です。...

松本でみつけた、山車!!発見

10月2日、松本へ諸用ででかけたときのこと。市内であちらこちらと一方通行。これは、たいへん!とぐるぐると遠回りして目的地に到着しましたが、実はこのとき、縄手通りのところにある「四柱神社」のお祭りだったらしいのです。先日の池田町のお祭りのような、ちいさめの山車が何基かならんでいて、天気もよかったせいで、平日ではありましたが、観光客など、人出がありました。どこにしても、かわいらしい山車で、風情があります...

抱えきれないシオンの花束

1m以上の高さまでのびたシオンの花。うすむらさきの菊のような花は、秋の情緒いっぱい。抱えるように、いただいた花を、大きなかめに無造作になげいれて・・・・...

ごろん、ごろん、だんごむし。

ごろんごろんと稲刈りをしたあとのたんぼには、こんな半ゆきだるまじょうたいのような、いや、ふんころがしの残したあとのような、そんな稲のまるめたものが、落ちています。いかにも高原風ですが、夕暮れのあかね色の中で写真をとると、なんともいえない雰囲気がでます。被写体としては、とてもGOODです。...

きのこ大繁殖!

わわわあ!!芸術的な大きなかさをひろげた真っ白きのこ。真上からは、一体なにがおちているのか・・・?と思うくらい白い石のようなこちら。雨が降った翌日は、とにかくおもしろ大発見!ビロードのような触り心地・・・?のこちらは、見るからに毒っぽさ満載。松茸なみに、大きなかたちは、おもしろ原始林!といったところ。こびとたちが、てっぺんでお弁当を広げそうなそんな一コマです。...

やっぱりキレイ!青どんぐりは、最高!

どんぐりは、地面を見ながら探すもの。ひろうもの。そう思ってきた都会時代。大きなどんぐりの木たちは、見下ろすことはあまりなく、ちいさなどんぐりの木に手をのばして、青いどんぐりをとれるなんてとても幸せ。茶色になって、地面でひろうよりずっときれいで、意外とこの緑色の葉っぱもそのまま残ります。和風のお皿やカップに、水がなくなってもそのままドライでお部屋に森コーナーができちゃうかわいさです。...

本作りのワークショップ

安曇野市になって、大きな中央図書館ができてからというもの、とても充実した図書館まつりのようなものが開催されます。先月にあったワークショップに参加しました。その中で、このような、伊那のみすず堂さんをおよびしてのワークショップなども開催されていて、(要予約)とてもたのしめる、イベントでした。メモパッドを中身にした、表紙などをつけるだけのものでしたが、すてきな、世界でたったひとつの「BOOK」ができあがりま...

真っ赤な紅玉、収穫です。

ワインレッドのしぶ~い紅色。紅玉。こうぎょくといえば酸味が強く火をいれてたべることや調理することが多いこちら。ひとつ欠点があって、それはとてもボケやすい。すぐにかすかすになってしまい、とても残念。故に、いただきましたら、すぐに加工すべし。ジャムであれ、ソテーして豚肉にのせたり、信州らしいたべかたも、秋色一色です。...

秋の森は、実りの森

きのこや実ものがたくさん実りを迎えるこの季節。てんてんと、赤い実もよく目に入ります。そのなかで、春に咲いていた白い花がこんなかわいい実をつけました。ガマズミのはっぱは葉脈もかわいいので、色も黄色びて虫食いのあなも風情があって、こちらは ちょっと押し花にしたくなるそんな旅のちいさなおみやげに・・・...

秋のアスパラ

アスパラの株から、希ににょきっと生えてくるアスパラ。春のように、いっぱいではないですが、味もかわらず、わすれたころに、食べられる変わりもの。...

ヨウシュヤマゴボウが黒くなって

大きな木のように生長した ヨウシュヤマゴボウこちらをみるたびに、染物をしたくなります。ブルーベリーのように、赤紫になるアントシアニンが多い(?)こちら。空とくもの饗宴の秋空はとても絵になるそんな夕暮れの風景。...

萩も満開で

生垣を覆うような大きな萩。女郎花やすすき、桔梗など秋の七草が夏のおわりから咲き始め、秋風にゆれています。あぜ道の萩はたねになると洋服にくっついて、運んでもらいそして気がつくと、おうちにまでやってきます。秋のくっつき植物は種類が多く、とても賢人(賢植物?)!...

今年もみれました。ごま畑。

我が畑ではありませんが、今年もこちらで見ることができました。茶色く種になって、こぼれたらそこからやっぱり芽がでるのかとても興味がわいてしまうごま。いつみても、鳳仙花のような花です。某ごまメーカーのパッケージを思い出すそんなごま風景です。...

かわいいチュッパチャップス?!

まるで、キャンディーやチュッパチャップスを下にむけたような、かわいい姿。今年はとにかく 花たくさんに花咲いたヤマボウシ。とはいえすべて結実しないと思っていたら、どんどん赤くなって、枝がしだれてしまうくらい重そうな木の姿になりました。こんな模様のテキスタイルで、素敵な手ぬぐいやバンダナになりそうな、デザイン。影絵にしたり、藍染めで一色でもいい柄になりそうです。...

鳩のひな、大きくなっていました。

先日の、はと。あっという間に、こんなに大きくなっていました。ひとつは卵のままで、もう一羽が生まれたての、ちびひなだったにもかかわらず、いつの間にやら、大きな顔。カメラを近づけると、一人前に「くゎっ、くゎっ」と威嚇してくるひなたち。巣立ちも、もうすぐ・・・?...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。