FC2ブログ

安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

スポンサーサイト

きのこ*パンでわっはっは!

ランチのパンをつくろうとして、あまりの生地でこんなものを、作製してみました。思いのほか、うまく形がでてきて、わらってしまうぱん作り。中身はチョコと、クランベリーがかくれたおやつパンです。...

修学旅行のワークショップ

先日、千葉県の中学校の生徒さんがご宿泊。安曇野や松本を散策されたようで、6月の安曇野は 各地からの修学旅行生がレンタサイクルでぐるぐるとまわっている姿が見られます。制服だったり、私服だったり、たのしそうな声をあげて、澄み切った風をきる生徒さん。ご宿泊された方々は、クラス丸ごとリース作りのワークショップ。思い思いの作品に、熱心に集中される姿がみられました。何人でつくっても、とにかく色や、花材やそのつ...

ハスカップの酸っぱさ・・・

春黄色と白の細長い スイカズラらしい花をさかせたハスカップ枝は結構細いわりには、少々ニシキギ風のどこか風変わりな植物。やっぱり、北海道などで有名なだけあってあまり身近に感じないから・・・?で。実もやっぱりちょっとかわっていて、こんなほそながい、ブルームのかかったブルーベリー風。好みですが、この酸っぱい実。この同時期にカシスも真っ黒に色づきとにかくこちらは、すっぱさよりも、その香り。クレームオブカシ...

新玉ねぎ収穫とれとれ、、、

梅雨のこの時期になると、あらゆる畑で、ひっぱって野ざらしになった玉ねぎをよくみかけます。新玉ねぎの季節。当館も新玉ねぎのスープや新玉ネギのマリネ(右上つけあわせ)などでよく使用しています。あおあおと、とにか伸び盛りのハーブも取れ放題なためとにかく加工業の大忙し。梅に、果実に、ふき、山菜とジャムや果実酒保存料理にてんてこまいです。...

カモミールと北アルプスのロケーション!!

自転車で安曇野を走ると、普段みえないものや車では気が付かないこと、または車ではいれないような、道などなどいろんなオモシロサに出会えます。そのひとつ。快晴のサイクリングをたのしむとさすが池田町。さまざまなところで、ハーブに関連した植物や作物の畑をみかけます。こちらは、カモミール。お庭などでもみかけますが、畑ひとつぶん、となると、なかなかの見もの。こんな風に撮ってみると、なんだか、欧州風と北アルプスを...

川の水が合流、2色の川

なんとなく、わかるでしょうか。右と左の川の色がちがいます。手前は茶色のにごた川の水。先日の大雨で、翌日の犀川との合流地点はもう濁流。水量もさることながら、その勢いと混濁さ加減はすごいものでした。なんといっても、今年は空梅雨。そんなつぶやきをしていたところに、この大雨。とても極端な天候に、本当に気象が荒れて、地球全体としての不安がよぎる今日この頃。蒸し暑い夏をおもわせる、そんな梅雨の一日です。...

クレマチスが咲いて・・・

八重でダリアのように広がる、ダッチェス オブ エジンバラ がきれいに咲いて木漏れ日にゆれています鉄線は、本当にいろいろな種類があって、好みも千差万別ですがここまで大輪だと、生け花としてよりも、やはり垣根的にその満開を楽しみたい昔ながらの鉄線。大きなガラスの器に、花1輪、氷といっしょにうかべて、風鈴のひとつも「ちりりん・・・」となると、初夏の涼しさがテーブルにひろがります。...

あやめまつり。

明科であやめまつりが開催されていました。今年は19日から、ということで平日の昼間はとにかく車いすの方やちいさなお子様づれがいっぱい!川のそばなので、なんとなく肌寒く感じる日でしたが、歩きやすく、いろいろな種類、色とりどりで6月の花そのものの花畑。あやめまつりといいつつも、杜若と花菖蒲と見分けがよくつきませんが、実は、「あやめ」も「しょうぶ」も「菖蒲」という同じ字なのだそうです。とてもうまくできている...

露地いちごも、もう終了。

いちごももう終了時期となってしまいました。大小ごろごろととれ、実がかたいのが、この特徴。あきひめなどとは異なり皮がいたみにくくてあまい、品種。これからは、ブルーベリーやハスカップすぐりや、ぐーずベリー、などなど まだまだ、ベリー類が続きます。...

白い花が。満開で・・・

春の黄色い花のはじまりから、一転。この季節は木の花というと、白い花がとても目につく森。星がおちてきたようなえごの木やこんな、こまかなガマズミ、でもこの花よりも、秋の実よりも、いちばん魅力的なのは、この葉っぱのなんとも細かな虫食い模様。ガマズミとオオデマリなどのこの葉っぱは、レースのような虫食いに、感動をおぼえてしまうそんな、一枚。...

うどもどんどんとのびて・・・

清涼なみどりに包まれる有明。山のなかでも、うどたちが、いつのまにやらここまで成長。あんなにやわらかかった若芽も、ああ、かたそう・・・・なそんな細い茎にグリーンのグラデーションがとてもきれいでみとれる、夕方の時間。...

にんじん、レタス、新芽ぞくぞく!

葉っぱも香るにんじんくん。いまどきのお子様たちは、土から上をみても、それがなんだかわからないことも多いそう。こっそり、サラダにいれたら、わかっちゃうかな。。。去年のこぼれ種ででてきたレタスたち。サラダ菜と結球レタスが、ちびでも、かわいい菜葉野菜です。...

大麦収穫。

大麦収穫。ちょっとこぶりになった今年の大麦。雨のふらない日を選んで、収穫。さあ、したの葉っぱをおとして、吊るす準備です。乾燥中は、ハイジの小屋のような香りが充満します。なんとも、高原のかおり。...

黒種草もわもわっと、花咲いて。

なんとも、繊細な葉っぱとその姿。ブルーとホワイトと2色花咲いて、カモミールとかさねて ゆれています。フェンネルまで重なると、とにかく、糸のようなその葉っぱと佇まいはすずしげで、ゆれる気持ちも凪いできそう・・・...

矢車菊とヤグルマソウ

「矢車草」ヤグルマソウというのはよくききますが実は通常目にしているヤグルマソウとは矢車菊でこちらがほんとうの 矢車草だとか。葉っぱを広げたすがたは、結構大きくて、ちいさいもので約30センチくらいこの写真でもおおきいものは50センチくらいはありました。葉っぱの形をみると、なんとも見るからに納得できる、やぐるまそう。たしかに、いつものはあの花の花弁を考えると矢車菊なのも、うなずけます。...

エメラルドグリーンの宝石のような花花

半日影のためか、とても神秘的なカラーグリーンのフィルターをかけてそんなイメージすらする ヤマボウシの咲ききる一歩前。森のみどりに、なんだか吸い込まれてしまいそうですが白い花よりも、グリーンの方がより森の深さを感じます空木や紅ウツギなどもあちこちで咲いて枝垂れているすがたは、初夏の到来を告げるそんな安曇野です...

池田のハーブセンターで

そして、こちらが、噂のハーブセンター(池田町)こちらの建物には、道の駅(?)ということもあって、よく来訪されるようです。この国道はさんで向かい側が上記列挙したガーデン&公園ですこちらの名前のとおり、ハーブの苗も取り扱ってあって、見ているとほしくなってしまうところが、人情。実際につかって料理したりいろいろと使い道はありますが、なんといっても夏のアイスハーブティーがすっきり、さっぱり、色もうつくしく、...

全面ポピーの畑。

一面をポピーで覆い尽くしたポピーの畑。帰化植物のオレンジ色した雑草ポピーのものではないところが花が大きく、圧巻。池田町の夢農場の径のいたるところにもポピーやオニゲシ、カモミールのこぼれ種がたくさん咲いていて、この季節はとても華やかな花畑があちこちで広がっている 安曇野。マーガレットも、あちこちで、風にゆられて花いっぱい松本や小布施とは異なり、オープンガーデンなどはありませんがすてきなお庭に サイク...

ガーデンその2

ハーブガーデンのおはなし。つづき。温室の外には、ちいさな、ハーブガーデンもあります。きれいに整備されていて、かわいいです。温室の中はお花が結構さいておりました。ここ信州にいると、なつかしくもあり、また身近におきたくても手に入らないのが柑橘類。みかんも(種ありですが(笑))ゆずも夏みかんも当たり前のように身近だったのが、りんごや洋ナシ、に世界が一転。「み~かん~のはあなが~さあいて~いる~・・・」の...

ぶんぶんぶ~ん。みつばちたちがいっぱいの花

ブルーベリーの花が満開!早生も晩生もとにかく、クマン蜂がとんでとんで・・ぶぶぶぶ~んという音がひっきりなしに、とびかっています。どちらかというと、このときの方が蜂がいっぱいで、たくさん危険地帯のように、人々は警戒して近寄らないためか、ブルーベリーの実の収穫時に、あしなが蜂などが巣をつくってせっせこせっせこと子育てに力を入れる時の方がとても蜂に刺されやすいです。年に数回、それもたいていブルーベリーの...

豊科近代美術館のバラ

先週までばらでにぎわっていた豊科近代美術館のバラ園。咲き始めたもの、まだまだこれからのもの、とにかく種類が多くて、香るものや、咲き方のたのしいもの。見どころいっぱいです。建物に這わせたタイプのものは、年数もいっぱいなので、とにかく圧巻。みごとに咲き誇るといった感じです。毎年、必ずといっていいほどテレビなどでも流れて、いつぞや、インタビューをうけたのを見るたびにおもいだします。...

安曇野ちひろ美術館*ワークショップで・・・

安曇野ちひろ美術館は、駐車場から美術館まで、風のとおる庭園、公園をあるいて、到着。この時点で、すでに北アルプスのふもとを 満喫!!ちいさな丘の上には、こおんな、楽器が設置されていたりして、バチもきちんとおいてあります。お子様はもちろんのこと、こういう楽器ものは、見ると触りたくさらに、叩いてみたくなるのが、人情というもの。早速、たたいてみました!なかの空洞の部分でひびいているのか、とても深く たのし...

れんげつつじが満開!

れんげつつじが満開をむかえ、とても大きな顔をして咲いています。さつきやつつじが今年は昨年の雪のわりにはとてもたくさん咲き、木がまっピンクや真っオレンジいろにまあるくなっている姿をよく見かけます。れんげつつじもこのオレンジと黄色がありますが、塩尻北のインター入ったところなどは、両方がせめぎあうかのように、結構大きな木になってさいています。また、塩尻北のインターといえば、レンギョウがとても立派で、3月...

初収穫*いちご

花が咲いたときに、突然の雪にうもれたり、寒暖の差が激しく、今シーズンは何かといろいろと災難にあった、いちご。それでも、元気にやっと、色づきました。初収穫。本日のデザートで。いただきます!...

カモミールの花畑で・・・

カモミールの満開の中にいると、とても甘いあまい、香りがして、ぶんぶんととんでくる コガネムシのような虫やみつばちたちが、せわしなく、舞っています突然のあたたかさに自然がついていってないのか、今年はまだアブラムシが少な目。ミントには、もうすでにところせましとつきはじめましたが、カモミールは、とてもきれいな咲はじめ。生をすぐさま、ハーブティーにもして、さらに、お風呂上り用につめたくもしてありますが、そ...

松花粉のもや・・・・

同じ花でも、松の花は、なかなか美しいものではないもののひとつ。なんとな~く、上の方がもやのように見えるのがおわかりいただけますでしょうか?この季節、黒いくるまもどんなものも、真っ黄色に変わり果て、さらに雨がふったものなら、それを流すどころか、そのあまり美しくない流れたあとをそのままに、黄色いものだらけになる、ちょっとまいってしまう季節が到来風が吹く日、空をみあげていると、もわん、もわん、と黄色い雲...

朝・健康推進ウォーキング

先日5月のある日曜日。朝6:20集合でのウォーキングがありました。安曇野市は健康推進運動として、ウォーキングMapがいろいろなところに看板で掲げてあります。さまざまな地区のモデルコースがあったりなどして行政として力をいれているところなのかもしれません。前日は強風と突風と雨となり、翌日の晴れ間といったら、チリがすべて落とされたような、とても澄んだ空気と空が垣間見れる、そんな朝。ストレッチもスポーツインス...

カモミールと、芥子とお花畑と

あおあおとしたグリーンの茎とあまい香りのカモミール芥子(帰化植物の雑草ですが)があいまって、ちょっとしたお花畑。モッコウバラも咲きだして、長かった冬もあけ、本当にぽっかぽかのみどりいっぱいのガーデン季節がやってまいりました。ぶーん、ぶんと飛んでいるミツバチたちもあっちこっちから蜜を集めて活動中!ミントやレモンバーム、カモミールをつみとって、早速お茶にしてしまいましょう。ごっくん。残りは、ひやして、...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。