安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

くま?ぷーさんゆきだるま

2月になっても、よくふる今シーズンこれからは、南方面のほうがよくふる「カミユキ」にかわっていく季節。そんななかで、あまりのゆきかきの嫌気さにこんなちびっこぷーさん雪だるまなどを作って雪のよさに納得。今年の夏は、水不足解消?...

トトロ発見!

朝、岩岳スキー場に到着。な、なんとととろが・・・屋根の上にちょこんとのって・・とてもチャーミングで、すごく、うまい!!そして、夕方帰るころには、な、なんと、「中トト」ができていました。2体そろって、すごい景色です!...

穂高駅の郷愁ポスト

郷愁の穂高駅まだまだ、大雪のあとがのこっているときのもの。その前にあるこちらがとにかく、目に入るのです。なつかしき型のポスト。色がいろなので、とても目立ち、よく待ち合わせに使われていたりします(タクシーがこの前にいっぱいなので、ちょっと最近は難しいかもしれませんが)なんとも、ポストカードを買って、1枚、出したくなるそんな気持ちにさせてくれます。ぜひ、一枚、メールではなく、「絵葉書」をだしてみません...

ちょっぴりこげぱん・・・

ちょっと目をはなしたすきに、なんともおいしげな(?)色になってしまったパン・・・・せっかくのバナナシナモンシュガーのパンが、見分けがつかなくなってしまいました・・・。おうち用につくったパンとはいえ、てっぺんを削ってたべなければならなくなって・・・少々、残念つつもなかは、しっとり、とても問題なくぱくり。ああ、おいしかった。ごちそうさまでした。バナナシナモンシュガーで朝食もなかなか、オススメかもしれま...

春の足音の花が・・・

松川村の「すずの音ホール」にてアートライン(各美術館が加入しているもの)のシンポジウムが開かれました。「旅する表現者」という題での写真家、田淵行男、彫刻家荻原碌山、探検家 西丸震哉の見たもの考えたものというシンポジウム。色んな観点からの表現の生み出し方を知る機会となりつつ毎年の開催なので、機会があれば、ぜひご参加されてみるとよい発見ができそうです。(参加無料)本日も朝から5,6センチの積雪まだまだ...

お船会館とそのお店

穂高神社横の「お船会館」こちらにはいろいろな店舗さんも入っていて、おせんべいやさんなどは、お土産に利用も多いそう。そのひとつの 蕎麦やさん「とりい」張り紙があったのは、「そばもちしるこ」ちょっと、興味をそそられる名前。そして、この寒さでは、ぽっかぽかに手をのばしたいなら、ぜひ、チャレンジです!...

幻想的な世界

なんともいえない素敵な風景空にちかいところにいると、雲に手がとどくような 錯覚に陥りますスノーボーダーがゆらゆらとすべる中で遠くに、見えるのは八方スキー場です。遠いような、近いような、歩いてでは味わえない、スピードと距離感です。...

青空の駅

ひさびさの太陽の日差しのなか、ちょっと駅にお立ち寄り。大糸線のなかで、安曇野市穂高としては、最後の駅。「安曇追分」の駅ちいさいながら、この駅前には以外にお店が数件たちならぶ、意外性のある駅。食堂などもありごはんにもありつけます白馬方面に近くなることもあり、山々がとてもきれいに見えますこの日は、ひさしぶりの青空澄んだ空気が白い峰峰をどこまでも遠くみせてくれました...

白鳥湖の輝き

白鳥湖がきれいに輝く朝。こちらは、8時ころの写真この日は晴天で、雲ひとつない青空。白鳥湖の土手にあがると、とても澄んだ北アルプスが見渡せます。白鳥たちは、以外におとなしくて、あまり逃げません。えさをあげたりすることはできませんが、写真をとっているのも、1mも離れずに、岸から撮ることができます。寒いながらも、朝だからかもしれません、ただただ白鳥たちの戯れを 見ている、それだけでとても、感動的な気持ちに...

東光寺とわさび田

この大きな下駄!いろんな観光スポットで「願いがかなう」ことは紹介されていますが、この下駄も、そのひとつ。さらに、この奥のご本尊様のところには、ひみつのかぎが・・・長野市の善光寺のようですが、その鍵をさわると、これまた、よきことがあるようです。この門のところに、詳しくはかかれていました。ぜひ、奥までごゆるりと御探訪ください!...

雪ひよこ。

まだ日陰にのこった先日の雪で、こんなものをつくりました。名づけて、「雪ひよこ」。なんとも愛らしい、かわいい真っ白ひよこです。...

名水百選

ビレッジ安曇野でのイルミネーションは前にご紹介しましたが、その近辺には、安曇野ガラス工房や田淵行男記念館などが 集まっており、ここだけで、なかなか見ごたえがあるところ。そんな駐車場に、ぽつんとある「名水」名水百選に選ばれたという、この水場があります。夏は、みなさん、ペットボトルを持参でおいでになる姿をよくみかけます。夏のひとしずく、「う~ん、うまい!」を、ぜひ!...

穂高神社で知恵の輪くぐり

寒空の穂高神社そんな入り口のところに、知恵の輪くぐり。。。こちらをみると、藤原道真公のお社とのこと。絵馬がたくさん下がっていました。この知恵の輪。くぐると祈願成就願い事が、かなうということで、早速。。。このようにたとえ知らずとも、きちんとまわりかたが記してあり、深々と頭がさがる、思いで願い事をさせていただきました。...

かりんの砂糖づけで、パン!をつくりましょう。

オーブンでじじじ・・・と焼かれている、食パン君たち・先日のかりんの砂糖づけを小さくきざんで、予告どおり「パン」を焼成。なんとなく、ぷつぷつと白っぽいものがういていますが、これが、かりん。うしろが小さなぷちパンで、朝食用。山食パンも、ついでに。ぷっくりぷくぷくのほわほわパンのできあがり。...

バレンタインデー!で、ちょこっとチョコモノを。

14日バレンタインデーということで、くるみのパン生地に、チョコレートをぐるりとまきこんでちょこっとチョコパン風をつくりました。まるで、天狗の鼻のようなネコパンも実は、中はチョコ入りです。...

雪がふって、またとけて・・・

1夜にして、ふりつもった雪約20センチの積雪は、昼間のあたたかさと日差しで、ほぼ、とけつつあります。今年の雪の多さは、例年になく、今夏は冷夏なのかと心配を・・・...

春まだまだ、、、、そして積雪

積雪も、朝のはやくに雪かきをすればきっとふんわり軽かった雪融雪になりつつをもちあげる手と腰にたいへんな負荷がかかる 春に近い雪・・・...

馬の息も白くて・・・

安曇野I.Cから少し北へ行ったカーブのところにスイス村ワイナリーがありますこちらの横にあるのが、「ホースランド」四季を通じて、馬がかっぽかっぽとあるいています。この日も、さむくて、白い息がほわり、ほわり・・・観光客はすくないため、出番も少なめ・・・?むしゃむしゃ・・・・ただただ、たべてます。...

白鳥の湖

白鳥たちの飛来が目立ち、冬のスポットオススメNO,1安曇野市や長野県としても、公式ホームページなどでTopicsにあがっています。安曇野I,Cから車で数分なために、スキーの帰りなどにもとても、寄りやすく、一度は来訪の価値あり!!です。...

イルミネーション

ビレッジ安曇野でのイルミネーションの特徴のひとつ。それは、横にある川を利用したくもの巣のような長くて広い網目のイルミネーション駐車場にとめて、まずそちらが目に入るとおもいますが広々としていると、これからの「わくわく」感がでてきます。そして、特徴その2ちいさな、キャラクターモノが多い!ミッキーやスノーマン、そのほかキャラクター的な置物の イルミネーションがたくさん並べてあり、お子様といってもたいくつ...

穂高神社のすがた

お正月がおわると、とたんに静かななんともいえない雰囲気になる「穂高神社」こんなこともしているようです。3月31日までの締め切りでした。穂高神社のホームページへアクセスしてみては?...

まあるい、物体

なんだこりゃシリーズのようになってしまった不気味な物体写真枝についたままの「キウイ」秋、10月くらいに収穫して、家の中で保存しながら(りんごなどをいれて)食してしまうところ。まあ、垣根状態にされていたりすると、こんなことになっています。なにがすごいかというと、腐るでもなく、何度となく「凍結」と「解凍」を繰り返して、朽ちていくところ。カビなどではなく、冬の寒さのなせるワザです。...

白馬の樹氷と山々

ほんのわずかの晴れ間から日差し。でもとてもとても 氷点下のなかではあたたかさも感じにくいところ樹の枝にも樹氷とも雪がつもったとももうわからなくなったパールパープルの世界幻想的な中で、遠くの山々もすべてが 静まり返ったそんな山並み...

なくなった「ピラカンサス」

先日の大雪といい、雪にうもれていたピラカンサス。つい3日前まで、この赤い実がわっさわさと実っていたはず。それが。。。ほぼ、同じ枝を写真にとりましたが、すべて、なくなりました。樹から、すべての紅い実がなくなったのです・・・こんなふうに、多少は下におちてしまいましたがほぼ、鳥さんたちに集中してねらわれ、たった1日で緑の常緑樹に早変わり・・・例年1月~2月に、必ずおこるこの現象。きょうか、明日か、と毎日観...

イルミネーション*inビレッジ安曇野

イルミネーションも厳冬のなか、澄みきった空気が さらに美しくみせてくれています。八面大王足湯近辺の いつものイルミネーションのほかにも、いろいろなところで開催されていましたがビレッジ安曇野はちょっと歩いて1周するにはちょうどいい広さ。道路からも見ることができますが、一度はひとまわりされると たのしいです。...

あめ市、おみこし、わっしょいわっしょい!

なんだか、よくわからないですが、外の遠くにみえるのが、お御輿とおみこしのかつぎてさんたちあめ市の日、穂高神社の出張ご祈祷風?「こんにちわ~」と声をかけられて、お札をおいてゆかれますそして、「はあ~!!商売!繁盛!商売!繁盛!」と一斉に声をかけていただき、「からーん、からーん」という大きな鐘の音が鳴り響きます。穂高神社界隈をぐるりとまわって戻られるそうです今年は、いいお天気の巡りでよかったですが、氷...

節分、明日は立春

コンビニやスーパーでその季節の行事のたべものやグッズを販売することが当たり前になった 昨今。地方色がうすらいできたようで少々残念なところもある今日このごろ。その最たるが「節分」のようにもうけとれます。ちょっと調べてみたところ・・・春夏秋冬、、とかわっていく季節のはじまりの日をそれぞれ立春、立夏、立秋、立冬 とよんでいます。そしてその前の日を「季節がかわる節目」という意味で、節分、というそうです。だ...

穂高あめ市2月2日・3日

穂高駅から穂高神社駐車場あたりの(一応)メインの通りを利用してあめ市が開催。先日、松本の大きなあめ市はご紹介しましたが、池田や、穂高なども小規模でのあめ市が1月2月に例年開催されます。色々とイベントが予定されており、2日土曜日は「穂高まちなかガイドウォーク」穂高神社から旧保高宿のまちなかを散策。灯火に願いを と題して、新年の願いを書き入れた「まほらランタン」が大門通りにならび、シンセサイザーのコンサ...

白馬のスキー場*雪原の美しさ!!

今シーズンは12月から雪にめぐまれ、雪不足の心配は少なくてスキーヤーやスノーボーダーとしては、うれしい限り!この日は、朝から小雪で、いちばん天辺についた朝のこのときだけ、ちょっぴり太陽が顔をだしたその瞬間のショット。こちらは「栂池ski場」です雪原の中は、ブルーやグレー、サワーパープルのようななんともいえないニュアンスのカラーに染まっています。ふだんでは絶対に手のとどかないような樹の枝を間近でみることが...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事