安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

冬の風と芒の静寂と・・・

なんとも、物悲しい、「芒」草もほぼ枯れつつ、バックのグリーンは、麦の若芽。もう、冬もそこまで参りました。北アルプスの冠雪はもちろんのこと、とても手前の山まで、白く、そして、先日はみぞれが舞い降りるそんな、白とグレーの季節がやってきています。朝晩の冷えは0度となることもありますが、昼間は、おひさまがあたれば、背中があたたかいことも。ただし、吹く風はつめたく、暖をとりたい12月それでも空は、どこまでも青...

ほんわか、あったかキッシュ

1月は新年会シーズン。そこで、持ち寄りパーティーも多いため、手軽で、食べやすくて、人数調整できるもの・・・レンジやトースターがあればあたためできる「キッシュ」今回は、かぼちゃとたまねぎ。チーズを多めにしてとろっと一切れ。焼きたてほかほかだったため、ぷっくりと気球状態にふくらんでいます。ワインを片手に、さあ、いただきます。...

名物、岩岳 しあわせの鐘!りーん、ごーん

りーん、ごーん、からん、からん・・・岩岳スキー場なら、ここ!(笑)ゴンドラからおりて、すぐのところ頂上にあるしあわせ(?)の鐘。せっかくきたなら、ここで鐘をならして写真をぱちり。いい記念になりそう!この日は、珍しく、リフトもならぶくらいの人だかり。「長野県民デー」など、お得特典もあるので、ぜひぜひ、スキー場チェックをしてから、おでかけを!!...

なぜだか、真っ黄色。

じゃがいもではなく、じつはさつまいもきんぴら。しかし!この黄色はカレーパウダー、ひいてはターメリックの着色で、カレー風味薩摩いもきんぴらだったりします。あまいおかずが食卓にあがってもなかなかへらないかなしさ。ということで、さつまいもは天ぷらやきんぴらなど、塩っけの風味ものでなんとか減らしてゆきます。もちろん、スープなどにメニューで使用してしまうことが一番の償却なのですが。コースで食する時のさつまい...

晴天の白馬の山々・・・

本日は、晴天なり・・・とてもよく晴れた、白馬山麓あまり、こんな天気にめぐまれることはなく、とても運がいい日となりました。そして、このリフトをおり、空をみあげると、真っ白な雪にみをつつんだ白馬の峰峰が雄大に広がっていました。スバラシイ!おもわず、しばらく、見とれていたいそんな風景でした。なにより、冬のこの天の蒼さが吸い込まれそうなそんなきもちに させてくれます。どこまでも、飛んでいけそうな手が届きそ...

くろまめぱん。

お正月につくったくろまめを冷凍。煮汁と黒豆をべつにしました。そして、なにをするかというと、ほんじつは 「くろまめぱん」製作。煮汁の方はじゃまなので、パンを練る方の水分として、一緒に攪拌。まめまめをできた生地でまるめこんでくろまめが、ちょこちょこと顔をだすくろまめぱんのできあがり。...

栂池スキー場の鐘

栂池も一日雪。スキー場の新雪はパウダースノーで楽しさ抜群!ゴンドラの名前は「イヴ」(ちなみに、岩岳が「ノア」八方が「アダム」・・・のはずすごい名前がついているゴンドラたちです)天気よりも、滑りやすさ重視ですどこのスキー場にもあるのか、栂池にも、こんな鐘の塔があります。中はこんな風。ひもがぶらさがっていて、よくカップルが鳴らしています。カコーン、カコーンという音が響き、岩岳に比べると鐘が大きいので、...

冬野菜キッシュ・・でほっかほか

マイナス8度など、10度などなど・・・温度計を見るのがこわい季節になりました。最高気温が-1℃という予報などをみると、背筋がぞわわわと 耳からの情報だけで寒くなります。そんななかで、ご宿泊などがあると、館内もいっきにあたためられて、ほっとします。オーブンもフル稼働してパンやキッシュなどを焼きにはいります。そこで、今回は冬野菜あったかキッシュと題して、かぼちゃとほしいものキッシュ。4~50分焼くので、厨房も...

長いものサラダ・・・

秋堀りのながいもが重宝。このあたりは、ごぼうもビッグに太ければ、長いもも立派!春堀りの長いもがでてくるまで、と~っても長持ちなしゃっきり長いも。弱った胃腸にとろろにしたのこりは、拍子にきざんで、サラダで食します。...

有明山神社のお守り

マイナス5度などあたりまえになった、1月。初詣にいったときも、たいへんしばれる寒さでした。写真はまだ2時だったので明るいですが、5時ともなると、薄暗く、ほのかに参道のあかりがついているここ有明山神社。茅の輪もおいてあったりして、ちょっと工夫がおもしろいと例年おもうこの神社。元旦の夕暮れ、5時ならまだ巫女さんもいらっしゃるとおもったところ、すでに人影はなく、お守りの購入を断念。仕方がないので、後日行って...

まるで夕方のような、幻想的な風景

まるで、夕方のような風景・・・と色実は朝10時のスキー場風景ずっと曇りだったため、朝焼けというわけにはいきませんが、ダークトーンのパープルsnowが美しいそんなリフトです。どこまでも広がる、栂池スキー場。下のほうは、初心者向きのなだらかな ひろ~いゲレンデですが、上までいくと、なかなかの距離の長い中級者向けの いいゲレンデです。安曇野からは、ちょっと遠めのスキー場ですが、ひろびろとした、こんなゲレンデは...

野沢菜おいしくできました!

12月につけた、あの野沢菜がたべごろをむかえました。今年は、野沢菜のできがよかったのか、こんぶやなすの葉っぱなどまぜものの塩梅がよかったのか、例年になく、いい味にしあがりました。これから数ヶ月はこのいいお味。春になると醗酵がすすんで、すっぱくなっていきます。もちろん、あったかくなって温度があがるほど、その進み具合は加速・・・毎食夕食におだししていますので、ぜひぜひ、おいしいうちに、お越しいただけると...

真っ白しろしろの安曇野

まだ先日の雪がとけきらぬなか、またもや「雪」夜中から少々降ったようで約3~6センチの積雪となりせっかく見えた道路や屋根たちがまた雪化粧なかなかとけない 凍った雪ではこうはいかないこの 足型。このあしあと、だーれだ?といわんばかりのかわいい鳥のあしあとでした。...

kamakuraかまくら。

大雪の翌日、雲ひとつない、青空がひろがりました。北部はまだ降雪予報がでておりましたが、安曇野は、青空と北アルプスと、積雪と。そんな積雪も、山となり、行き場のない雪たちがトラックに載せられ、公的な雪捨て場へと運ばれる姿が多かった昨日。車にのせるのも、一苦労・・・それでもできた 雪山。ちいさな、かまくらができました。好天気がつづけば、すぐにもとけてしまいそうですが、風をしのぐ待合のおへや。冬の精がちょ...

三九郎でまゆ玉を焼こう!その2 つづき。

前回のつづき。火がついた、三九郎。このあとは、ただただ、おき火になるのをじっと、待つのみ。その間、雪遊びにいそしむこどもたちと火と格闘する消防団の方々。時折、「ポーン!」「バーン!」という、竹のはじける音が響き、ちょっと ドキっとしてしまう瞬間が多々あります。そして、思わず、歓声があがってしまうのが、こんなとき。三九郎のてっぺんにさしてあるこのだるまさんたち。(たまに、黄色いだるまさんもいて、ちょ...

三九郎で、まゆ玉を焼こう!!

大雪となった成人の日。東京や横浜でも初雪とのニュースがながれました。そんななか、積雪約30センチくらいの 公園で、「三九郎」が行われました。前もってあつめてあった 松飾やだるま、門松などをくみたてて、午後、点火。時間になると、わらわらとみなさまが集まってきます。もちろん、片手にまゆ玉をもって。くんであった三九郎に、点火!この雪で、なかなか火がまわらず、時間がかかりました。やっとこさ、全体に火がはいっ...

まゆ玉*カラフルに、ぷにょぷにょ・・・

カラフルな、色素をつかって、なにやら製作・・・先日の組み立てられた三九郎のときに焼く、まゆ玉づくり。ふつうに、円柱形のまゆ玉をつくっていたところ、ちょっとあそびごころに、いちごやみかんの形をつくってみたり。。。(左手前)ひとくちサイズの まゆ玉たくさんカラフルに、できました。そして、それを枝(柳の枝をきりだし)にさして、できあがり。だるまがてっぺんにたくさんついた、三九郎で、おき火になったら、やい...

イルミネーション*イベント*コンサート!

イルミネーションが輝く 八面大王足湯周辺。このしゃくなげ荘のところでロビーコンサートならぬ、野外コンサートが催されました。夜、18:30~火を焚いてのちいさな、コンサート。サキソフォンやドラム、ベースなど寒さのなかでのコンサートになりました。クラシックから、アニメのテーマソングなど幅広い曲のアレンジがありとても、たのしいひとときでした。まわりでは、こんなイルミネーションが輝いています。まだまだ、1月31日...

あめ市のおみやげ・・・

昨日のあめ市。中町にある、蔵シック館などでもあめの即売会が催されました。「あめ市」なのでせっかくなので、飴を買いに行こうということで、飴やさんへ・・・金太郎飴のような、スタンダードなものも多いですが、イマドキなキャラクターの飴も、多様。そして、こんなワン●ースのキャラクターの飴も・・・発泡スチロールにさして売られておりました。こういった商品も時代とともに、変化するものかもしれません。たのしいお土産...

松本*あめ市!

12日、13日の両日、松本にて「あめ市」が開催されます。毎年、どちらかの日に行きますが、お正月並みの人ごみのような気がします。商都「松本の初売り」の歴史を受け継ぐ「松本あめ市」いろいろなイベントが予定されているなか、13日の日曜日は街中心部にて歩行者天国にして盛大に催されます。あめ市といえば、だるまさんを買いに行く・・・ようなイメージもありますが、この松本あめ市のなかで、目をひくのは、市民が七福神などに...

おもしろ大根発見!

雪が降る前に、収穫しておいた大根。そのおもしろシリーズを一挙に公開!「いや~ん」というような、これぞ、大根足!「う~ん・・・」と悩んでいる姿の右下大根・・・・でも声をそろえて「洗うと、白くてきれいでしょ?」だそうです。...

とりおいた、夏野菜

冷凍してのこしてある夏のわすれもの。パプリカや豆類、とまと数種。たくさん煮込んで、肉用のソースにじっくりじっくり冬のゆっくり時間をかけて、あまみをひきだします。...

冬の風物詩*三九郎の準備

夏におおきな緑の枝をひろげていたたんぼのなかの大きなけやき。冬は、その枝の1本1本が細かな模様のようにそのまあるい形をたもっています。その横で。早くも、三九郎の準備がはじまっていました。大抵は第2か3の週末に行われることが多いこの行事。まだ、松飾の中心の部分の骨格ができあがっているだけですが、あとはもう少し「だるま」や「書初め」の下書き、ほかお正月かざりが、つめこまれていきます。スーパーなどでも、「...

お茶の花*発見!!!

お茶の花を発見!関西では、(あたたかい地方では)お庭の垣根などによく使われるお茶の樹。あったかくないと、だめになってしまうので、そうめったには見かけません。ゆずやみかん、夏みかんなど柑橘系の樹もやはり、こちらではお庭の樹としては見かけることができません。鉢植えで、冬はおうちの中でしか越冬不可能・・・冬のお茶室のお花の代表格ですが、つばきや山茶花といっしょの季節に咲きます。樹の下には、はじけた種(実...

あしあと、ゆきあと、しのびあし。。。

何がなんだか、グレーの写真まるで、塩が入っている調味料いれをアップでとったよう。。。が、しかし、こちらは雪にのこった足跡。年末の雪に残った、ふか~い足のあと。こちらは人の足跡ですが冬は、うさぎやりす、そのほか獣の足跡がいっぱい発見できるそんな、有明の森。よく、スノーシューをはいて、冬の森をトレッキングしよう!といったツアーが国定公園やほかのところで開催されています。ふゆしか見れない、みつけられない...

冬の空の蒼。

雪がふっても、森からでれば、ほぼとけて冬の木立と北アルプスがとても映える白い峰。ぐるりと180度左から右へつまり、みなみから北へと撮ってみました。蒼さがひきたつ、凍るような、マイナス10度のそんな、朝のできごとです。さすがに、厨房の水道も「ガタガタガタ・・・」と音がなり、凍る直前だった様子。凍結不安な冬の到来です。...

クマザサって・・・

こちらのクマザサ。もうすぐ年末年始で、お正月にも重宝します。しかし、クマザサというからには、この葉っぱが大きいから「熊笹」だと思っていましたが、実は、「隈笹」越冬するときに、ふちが白くなるという意味からの隈笹らしいということを知ったとき、安易な想像よりも、きちんと調べなければと反省した植物のひとつ。おせちのお重の中にひいたり、お正月かざりに利用したり、ゆでると独特な香りがするクマザサですがなにかと...

かがみもちと切り絵をかざって。。。

お正月かざりその2としてかがみもちと切り絵セット。半紙をカッターで切ったもの。うちでの小槌で、金銀財宝、金運がたかまるよう、おねがい・・・?七福神から少々おかりしたい、お正月アイテムです。...

お雑煮のきもち。

とり肉いりの、すましだし汁。梅にんじんと亀甲だいこん。くみあわせると、、、、できあがったのは、きびもちいり。こちらは、まめもちいりの、お雑煮です。五臓六腑にしみわたる、ああ、よき日本のたべもの!という感じなお正月。...

おせちをつめて、一年のはじまり。

ふろしき状の赤い小紋のおつつみ。南天をかざって、毎年のお重づつみ。元旦の朝は宿泊のお客さまにも、くろまめなど祝い肴を器にもりつけて、ちょっぴりお正月気分をあじわって、いただきます。なので、ゆっくりとおせちを広げるのは、ランチからになりますが、れんこん、すごぼう、だてまきなます、えびの照り煮など・・・縁起のよいものつめあわせ。どんなにいそがしくても、やっぱり一年のはじまりです。今年はどういうわけか、...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事