FC2ブログ

安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

スポンサーサイト

雑木林とりんご畑。

あやしいきのこがどこかににょきにょき・・・・そんな、魅惑的な 雑木林。下草や若い木々を刈ったきれいな林が山ろく線には点在していますが、こんな雑木林のほうが、趣があります。そして100m先には、収穫後のりんごの畑が広がっていました。1つ2つのりんごたちが木にのこっているのは、りんごの木たちへの感謝のしるしだときいたことがあります。(真実なら、すてきです)山菜は、そのようにして、来年もまた収穫できるよ...

ポインセチアのようなスモークツリー?

さまざまなものが、紅葉して、落葉していく深い秋場所によっては、まったく紅葉もせず、灰色のまま枝だけになったところもあります。まるで、ポインセチアのようなそんなスモークツリーの葉っぱ。...

木漏れ日のこみち

金色にそまる、どんぐり林。このあたり一帯は、くぬぎやなら、かしわなどどんぐりたちの雑木林。天気のいい日には、とてもまぶしい黄金色にそまります。アスファルトの道から、ちょっと横にはいると、そこは、落ち葉にわだちができるだけの木漏れ日のこみちことりの鳴く うたごえと木々の癒しの空間。たちどまって、時計をみない時間をすごしてみたくなります。...

ほうき草に実が・・・

まるで、地上に生えた水草。ほうき草は、茎が赤くて、こまかい、水草のような、はっぱ。そして、(実際にたべたことはないのですが)この秋にできてきた、細かい実の部分。これが、とんぶり?!本には、そのように書いてあるのですが、実際には、スーパーで売っているのしか、見たことがありません。まだまだ、勉強不足です。畑のキャビアは、自家製でできるのでしょうか?!...

堀金物産センターの不思議。

北アルプスの紅葉の背景には、もう白く冠雪した、常念岳。堀金の物産センターは、「道の駅」。そして、なぜか、巨大なドラえもんがいます。(奥が物産センターの入り口。)そして、その入り口には花苗や種などがあります。そして・・・オレンジ色の巨大かぼちゃ群。よおくみてみると、なにやら文字が・・・うわあ!すごいものが、売っていました。さらに、ハロウィンが終わってしまっているせいか、「半額」のシールが貼られていま...

お船のスイートポテト

さつまいもの収穫。わかりづらいですが、新聞紙にくるまれた、やきいも・・・・ぽっくり、ほっくり、あまい、やまぶきいろのおいもになりました。ことしも、あまくて、おいしいです。そこで。スイートポテトをつくりました。かわいらしく、ちいさなさつまいもを半分にわって、中につめこんだ、ちびお舟風の「スイートポテト」たまごと砂糖といもの味。なんてシンプルな、やさしいおかし、です。これも、立派な秋の味覚!!...

小学校のかぼちゃ。ハロウィンかぼちゃ!がいっぱい

ちいさな、かいだんに、オレンジ色のものがいっぱい。おお!これはこれは。ハロウィンかぼちゃ!とある小学校の前に、いっぱいならんでいましたなんでも、2年生がおつくりになったそうです。みんな、いろんな顔と表情!いちばん巨大なかぼちゃん。ちなみに、堀金物産センターにあったこちらのかぼちゃは、「千客万来」「商売繁盛」のおもしろかぼちゃ!おなじオレンジ色の巨大かぼちゃも、やり方しだいで、いろんなことができて面...

野いばらを収穫

河原や野原に、うっそうと茂る、野いばらのえだ。秋になると、赤く、かわいい実がつきます。棘がとにかく、するどくて、軍手などをはめたほうがもちろんいいのですが、そうすると、ひっかかって、たいへん苦労します。まるで、ねこの引っかき傷が手や足につきます。(くれぐれもご注意ください。)ジーンズなどをはいていても、その上から布にも、肌にも傷ができます。お風呂にはいると、しみるので、消毒はきちんとしてください。...

苔のコロニー!かわいいもの発見

落ち葉と木漏れ日の模様じゅうたん。しらかばの葉っぱがどんどん舞い落ちて、まあるい模様がいっぱい。そんな落ち葉の中で、こんなかわいいこけのコロニーを発見。何かににている!あ、マリモ・・・?...

こんな「きのこ」

ちょっとわかりづらい、雑木林のおちばのなかできのこさがし・・・・「お!」「みつかった!」アップにすると、こんなへんちくりん。うわあ!とひらいたら、面積が足りなくて、やぶれちゃった、傘のよう。こんな妙なやからが、今は森にいっぱいいます。さんぽしながら、たのしいきのこウォッチング!...

ごま。

なんの花でしょう?よく、売られているパッケージに印刷されている場合もある、この花。近くの畑で栽培されています。花のあとの、結実。ちょっと、アップすぎてわかりにくくなってしまいました。上の茶色になる前は、こんな風。アレチマツヨイグサなどと同じような、種のなりかたのようですが、そう。これは、「ごま」来年は、ぜひとも挑戦したいです。昔、このごまをたたいて、種をだす作業をみていたら、「安寿と厨子王だ・・・...

むかご*ごはん

長いもの葉っぱも黄色く紅葉。そして、ブルーベリーなどにからまった長いものつるには、たくさんのむかご。。。。かわいくて、ちいさなじゃがいものよう。ぷっくり、ぽろぽろとなっては、あつめて、から揚げなどにして、アツアツを塩をふって、たべます。または、上の写真のように、むかごごはん。本日の最大のむかごサイズは、2.4cm!!ちょっと、巨大でした。そして、ごはんのなかでも、くりのようでした。しおっけがほしいの...

白鳥が飛来!犀川で見学できます。「せせらぎ」で犀川を詳しく知ることも・・・

白鳥が飛来する季節になりました。ちょっと暗い寒いひなので、写真もどんより・・・また、場所が遠くて、わかりにくいですが、た~くさんの「かも」さんと白い美しい白鳥さんが、わらわらと、この犀川に集っておいででした。こちらは、明科の学習センター「せせらぎ」横でのもの。駐車場もあって(これは、マレットゴルフ用かもしれませんが)道と堰を反対側へこえるとある「せせらぎ」には、パネルや説明などが展示してあるちいさ...

あかいりんご、あおい、りんご

あおりんご。王林も、ひさしく、みかけなくなってきたように思います。りんごの木は、とりやすいように、ワイヤーなどで固定されて、若い木たちは、ちょっと絵になりにくい、りんご林ですが、老木のりんごは、とても素敵です。そう、まるで、赤毛のアンの世界のような、りんごの園。日本では、ジューシーで、大きい果実なため、枝もそのたるみたるや、重そうですが。ちょっと、憧れの世界にひたってみませんか?...

まるごとりんごパイ!

でっかくって、つやつやのおいしそ~なりんご。こんなまるごとりんごをつかって、何かつくれないかな・・・とかんがえたのがはじまり。。。そして、ふつうのアップルぱいじゃ、つまらない!いつかやってみたかったアレ!そう。まるごとりんごのまるまる1個パイ!実践しました。とはいえ、水分の抜き方が十分ではなかったらしく、ちょっと、われた「ももたろう」のようになってしまいました・・・。でも!なかのまるごとりんごは、...

りんご!!おいしい季節がやってきました。

秋の日差しのなかで、いつものりんごやさんから買ってきた2種類のりんご。右が夕月。左はちょっとわすれてしまいました。すみません秋映だったかも・・こんなケース入りで、大量購入。傷入り、サイズもばらばらです。でも、とってもすごーくおいしいです。...

かわいい!きのこ発見

ちっちゃな、かわいいきのこ発見!諏訪湖湖畔のガラスの美術館で、こんなかたちでこんな色をした、スタンドがあったのを思い出しました。これは、高さ4cmくらいですが、その10倍くらいの大きさの作品・・・そう思うと、本当にあるものを作品にされているのだなあと感じます。ひらいたところ。...

おどろきの「ふたご」!なんの双子ちゃん?!

なんでしょう?たまごを割って、(うずらのたまご?)黄身の部分だけを、なんだか変な容器にいれたみたい。てっかり感とぷるぷる動くようなそんな色んな側面をもつ食用ほおずき!!!黄色い、食用ほおずきです。ごくまれに、「このカサカサのところも、たべられますか?」と聞かれることもありますが、こちらは、へたみたいなもの。おいしくはないと思います。この実は、けっこう癖を香りがあって、すききらいが、はっきりとわかれ...

干し柿の皮むき・・・

渋柿をいろんな庭先でみかけるようになりました。このあたりは、蜂屋柿を育てている方が多いようですが、なんにせよ、甘柿はほぼ、なりません。いただくのも、渋柿。たくさん、いただきまして、約100こほど。だまって、剥く事数十分・・・でた廃棄物も山のよう。先日の柿の皮も干しましたが、一応こちらも、干しておきましょう。念のため。...

りんごが赤く、色づきをまして・・・

春からずっと追い続けてきた、「りんご」の木。ぴんくいろのかわいいお花が咲いていた、5月から、青い実、そして、赤くなりました。今は、シナノシリーズ(?)がよくでまわっています。シナノスイート(だいたい、10月下旬)シナノゴールド11月が、よくみかけます。ちょっと、異なる種類の可能性もありますが、シナノゴールドは、こんな青い?というかイエロー系のりんご。よくりんご屋さんで購入してくるのは、同じようなイエロ...

柿の皮の乾燥

柿の皮を天日干し。干し柿にするために、100こ以上の渋柿をむきました。そして、のこった柿の皮。それを天日干しにします。もうすぐ野沢菜漬けがはじまります。ナスの葉っぱと柿の皮は、ただいま、乾かし中。漬物づくりまでに間に合いますように。...

八面大王の足湯*紅葉

やまぼうしや、もみじが、赤く、黄色く錦のやまの色にうつりゆくあります。同じ、足湯にはいっていても、足はぽかぽか、吹く風は冷たくなってきた秋深し。あたたかいお湯でちょっとあったまりませんか?近辺のもみじの木も赤くなりました。散り舞うまでのほんのわずかの、華やかな絨毯です。...

なすの葉っぱの干物。

土用干しの梅用のざるに、干してあるこの物体。なんの干物かというと、「なすのはっぱ」です。なんに使うかは、これまた、先のお話。10月末から、11月ごろに、お知らせできればと思います。いまから、ちょっとづつ、準備します。...

紅葉

真っ赤に燃えるもみじの木々車からでもきれいですが、ちょっと、散策足湯まで、歩いてみてはいかがでしょう?夜も、お食事のあと、一枚着込んでタオルをもって、足湯の秋をたのしまれてはいかがでしょう?12月には、足湯周辺での夜の「イルミネーション」光物語がはじまります。ぴかぴかと輝くイルミネーションのなかで、今年をふりかえりつつ、ほんわかしてみては?...

スイートポテトパイ

さつまいもが、とても山のように収穫。じゃがいもとちがって、足がはやく、(くさりやすく、いたみやすく、にがくなりやすい・・・)のが欠点。ですが、これを暖炉で焼き芋にすると、とても美味。お客様とお話しながら「じじじじじ・・・・・」と焼けるのを辛抱強くまっているおいも。今回は、あまりの量になったので、スイートポテトのあまりで、パイを焼きました。スイートポテトの上に、くるみとナッツを散らして、ボリューム感...

やきいも、スイートポテト

ほっくほくのやきいもが、完成!なかなか巨大なおいもが多かった今年。あまさも抜群、黄色い、山吹色の芋が、できました。そのまま、バターを(無塩だったので、ちょっと、塩をふりました)のせて、がぶり!蒸したり、焼いたり、おいしいです。のこりは、つぶして、スイートポテトに。ちいさな小芋さんをなかをくりぬいておいて、それにつめた、スイポテのお舟。ひとくちで、たべきれてしまいそうな、そんなスイートポテトになりま...

へくそかずらとあおつづらづるで・・・

茶色のちいさな実花もちょっとかわっていて、おもしろいですが、こちらも、秋の実として、玄関においてみても素敵です。お名前が、ヘクソカズラという、なんともかなしい名前。もちろん、さわって、その汁がにおってしまうのでとる際には、気をつけたほうが、無難。青いブルームのついたかわいいつる。こちらは、葉っぱが落ちたあと、ずっと細いつるが、いたるところについています。このまま収穫したり、リースにぐるぐるまきにし...

安曇野スタイルそのつづき。。。

安曇野スタイルレポート続きます。こちらは、「かじかの里」での作家さんによるギャラリー風景こんな風に、器がならべられたり、彫金やステンドグラス、木工による家具などさまざまなものが、展示、即売されています。お天気や温度によって、毎年人びとの出が違うようですが、とてもたのしいひとときになること、うけあいです。...

安曇野スタイルに、おでかけ!

1日から4日までの間、安曇野の各地で、作家さんたちの作品を展示したり、そのアトリエを限定公開されたり、とても凝縮した 秋のクラフト展がはじまっています。ちょっと広範囲に展示場があるため、車の方が便利ですが、土曜日日曜日などは、たくさんの方がいらっしゃるので、アトリエを公開されているところは、自転車などのほうが、たくさんまわれるかもしれません。製作やつくりかたなどとてもていねいに、お話をしてくださいま...

安曇野スタイル*はじまる!

11月1日~4日まで例年行われている「安曇野スタイル」がはじまりました。3日の文化の日をはさみ、連休などもあって、県内、県外の方々がたくさん安曇野へ来訪。学習複合施設「みらい」などには、出店されている約100箇所からの、ちいさなポスターなどによる、展示がされています。もちろん、上のマップをみて、いきたいところをまわるのですが、中で、何が展示、ワークショップなどについても、ちいさなチラシなどもおかれているの...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。