安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

スポンサーサイト

ハロウィーンかぼちゃパイ

本日は、ハロウィーンDAYということで、かぼちゃんを調理。まだまだ、たくさん山のようにのこっている、かぼちゃの山。そこで、かぼちゃをオーブン焼きして、お砂糖をいれて、かぼちゃあんを作製。見た目もかわいいハロウィーンかぼちゃ風のかぼちゃパイにしあげました。どうも、日本人にはあまりなじみのうすいハロウィーンですが、季節感ということで、かぼちゃもの。冬至まで、かぼちゃがもてば、またまた、かぼちゃ料理にした...

ちょっと、すてきなおもしろ写真。手前は、洋ナシ!洋ナシがなっているところはあまりみかけません。(葉っぱと同じいろだからか、その木があっても、あまり目に入らないのだとか)そして、となりの木がふじりんご。なので、一緒にパチリ。ラフランスなどで人気をあつめた、洋ナシ。結構この時期まで、木にぶらさがっているタイプ。今は、種類がありすぎて、ちょっと不明。陽があたらない、夕方の物悲しげな、洋ナシ・・・・...

いちじく*収穫まだまだ続く・・・

いちじくが、とってもきれいな色にいろづいてきました。なんとも、秋色。ワイン色。本日の、収穫は、この3つ。ぎりぎりまでまつので、下の部分がきれいにわれて、やわらかです。ワイン煮の場合は、も少しかためでつくってしまいます。煮ると、皮がやぶれやすく、くったりになるので、割れるぎりぎりにします。中に、花?が咲いている(ただあるだけ?)これが実のようにおもいますが、これが花なのだから、さすが、無花果。...

秋の紅葉、あちこちの葉っぱがあかく、きいろく、錦色に・・・

どこまでも吹き抜けるような、 真っ青な空。最近は、高い高い空に、雲ひとつない天気になることがとても多いです。山のあちこちで、錦色の帯が広がっているようです。楓やもみじに限らず、垣根のドウダンつつじややまぼうしなども、はっぱが、真っ赤から、シックなワインレッドに彩をかえていきます。でも、紅葉って、とても近くで見るよりも、山の中の、枝や、木々、山全体などなど、遠くから、全体像そのものを見たほうが、きれ...

きのこ、どくきのこ、ぞくぞくと・・・

雨がふると、突然、こんなものが発見されます。いやはや、とりあえずとても危険そうな毒キノコぽさは、この大きさが物語ります。通常は、べにたけやたまごたけがよく生えてきますが、今年はなぜかこんなみょうちくりんなものがとても、多い、変な年です。...

ぱんぱん*どうぶつパン!ふたたび・・・

今回も、ついでのどうぶつぱん。うさぎやら、ねこやら、くまやら・・・いろんなどうぶつ発酵中・・・・隅にいた、ねこさんをアップで。それでは、あつ~いオーブンに入ってもらいましょう。ジジジジジ・・・・・・・はい。焼きたてどうぶつパンにはやがわり!さっきの猫も、こんな風に焼けました。ふつうのぱんも、こうしていっしょに焼けました。今回は、ほしいもをいれた、「ほしいもパン」です。...

池田の大かえでが。。。

池田町の大かえでが紅葉しています。こちらは、先日24日に行ったときの写真。ちょっと傾斜になっている、だだっぴろいお山の上で、1本、赤く、紅葉をはじめたかえで。この楓をみようと、たくさんの人が来訪。この日も、楓よりも、なかなかの人の多さに、ちょっと、おどろきです。ずいぶん昔になりますが、夜の全国のニュース番組の中での生中継されて以来、本当に有名になった、この大楓。冬に、すべての葉がおちるまでのあっとい...

なでしこの花ゆれて・・・

なでしこの花がかぜになびく、秋。その名の通り、河原なでしこが河原の土手には、たくさんゆれています。さぎ草のように、花の先が繊細で、なんとも言えず風情がある、秋の花。古来より、日本人には愛されてきたこの花もフットボール女子のおかげで、とても有名になったお名前です。...

野沢菜もだんだんと

野沢菜も間引き菜ばかりを食していますが、だんだんと大きくなってきました。11月、霜がおりてから、収穫するのは、くたり、と漬けたときの食感や青臭さがちがうため。霜の前では、筋がちょっぴり硬いようです。毎年、同じようにつけるのに、どこか何かがちがってくるのは、自然と人の手と発酵微生物の共同作業だからでしょう。ことしも、おいしくなりますように。...

さるなし、秋の陽射し

さるなしが、だんだんと収穫期にちかづいてきました。ある程度、かたいうちに収穫しますが、霜がおりる直前までおいておくと、あま~く完熟します。ただし、ほかの鳥や動物のキラりと光る 狙った目がとても危険。ジャムや、果実酒にもしますが、なにより、生食が一番おおめ。輪切りにしたすがたが、愛らしすぎて、ほんとうに、見つめていたいかわいさです。(スーパーで、「ベビーキウイ」という名前で最近は、アメリカなどから輸...

だいこんも葉っぱが立派になりました。

だいこんも、小さくて間引き菜を食していた先月からにょっきにょっきとのびました。いつのまにやら、大きな態度。筋っぽくなければ、まだまだ葉っぱも食べますが、やっぱりメインは、地下の白い部分。ちょっと、はやめにちいさいうちでも、いただきます。...

フリーマーケットin ビフ穂高

10月20日土曜日、秋の晴れ渡る空のもとで、恒例のフリマがありました。こちらは、年2回たぶん行われています。毎回、とてもたくさんのかたがたでにぎわうので、とても好評のようです。そして、毎回、欠かさずに足をのばしています。こんなにあるモノのなかで、自分にあった、また、ここぞ!という必要なものを見つけ出すのは、苦難のワザです。でも、見つけると、お宝探しのようでとてもラッキー!手作りのお店をだす方とリサイク...

水菜がちょんちょんとのびてきて・・・

冬の鍋やさいの代名詞のひとつ。水菜。むかしから、当たり前のように身近にあり、鍋やおつけものなどなどいろいろと食卓にのぼっていましたが、全国どこでも見かけるようになったのは、けっこう最近のように思います。サラダ水菜やヤングリーフなどわかいうちを、サラダ用に販売されるようにもなりました。元々は、京野菜(たぶん)なのでしょうが、いまや、どこの野菜売り場や家庭の食卓にもみかけるようになりました。水菜としら...

うわ!!すごいなすび!!収穫

そう。これはふつうのなすび。どこがすごいのかって?じゃあーん、3本足のなすびがとれました。ちょっと、不気味です。いっしょにしてみると、よくわかる、このすがた。ちょっと、ほほえましい、たのしい野菜事件でした。...

さるなし*収穫!てんこ盛り。

秋空も、天高く。収穫の秋もまっさかり。ちかくのりんごも種類によっては、真っ赤にいろづいてきました。葉っぱも紅葉をはじめ、「さるなし」も収穫。ちょっと、すっぱいものもありますが、かわいいべびーキウイがとても愛らしいです。...

夏のわすれもの、「ゴーヤ」がぶらりん。

空は高く、雲が何層にも重なる「秋」遠い空に、何をおもう?ゴーヤくん。下からみあげると、空のあおさにココロをうたれます。きっと、秋だから、そんな気持ちになるのかも・・・・葉っぱもゴーヤの実もとてもデザイン的な形だから、絵になる写真。まだ、花がついているので、もう少し、ちいさなちいさな園芸種にがうりが、できてきそうです。ちょっと、ガガイモの実と似たオクラのような、スリムなミニゴーヤでした。来期は、どで...

紅葉はじまりました。

あざやかな、紅葉!な、なんとまず紅葉したのは畑の「ブルーベリー」の葉っぱ。まあだまだ、ちょっとづつながら、晩生のブルーベリーは収穫中。その横で、早生のブルーベリーの葉っぱはどんどん紅葉・・・・ちょっと変な気分になります。空に向かう枝葉、みんな、あかく、橙色になりました。ちょっと、ニシキギのようです。夏が長かったために、あまりきれいではないかも。。。と心配されている、今年の紅葉。最近は、めっきり朝晩...

ドライフラワーの展示会

2012年のドライフラワーの展示会がはじまっています。穂高駅近くの、碌山公園内 研成ホールにて、キッチンにまつわるドライフラワーの展示会が開催中。講師約17名(くらい?)による約100点が飾られています。大きな作品も壁などにたくさん飾られていますが、ちいさな、家庭でのひといきナチュラル作品も多く、¥1000以下の小さな作品ももりだくさん!!自分好みをみつけて楽しむのもオススメです。碌山美術館の鑑賞のあ...

ピンクのそば畑*あかまんまの畑のよう・・・

ひろがるのは、ピンク色したそば畑。グラデーションで、きれいです。味は・・・どうちがうのでしょう?こんぺいとうのような、ちいさな花が、いっぱい!白いそばの畑は、のきなみもうかれ始め。そして、もうすぐ、収穫!さあ、新そばの季節まで、もう少しです。...

食用ほおづき*豊作!

なんの集合かとおもうような、この山!食用ほおづきが、収穫真っ盛りで、どんどんとたまってゆきます。野菜などの物産センターや、スーパーの地元産売り場にも、見られるようになりました。作っている方によって、いろんなサイズがでまわっています。本職さんの農家の方は、とても大きなほおづきを出していらっしゃいます。たべごたえも、ありそう?!...

マアブル模様*うずら模様のたね。

カラカラにひからびた、インゲン。モロッコインゲン。ちょぴっと右側を皮をめくって、なかを見えるようにしてみました。その、豆乾燥中です。みんな、ちがった模様になって、ちょっとおもしろい、まめです。煮ると、やわらかく、ぼけた味に・・・種取得のため、からのままこちらは、乾燥中。...

ラ・カスタ ヒーリングガーデン

大町にある「ラ・カスタ」ヒーリングガーデン。この季節では、もう秋で、花盛りは終わりがけですが、こちらのガーデンでは、体験ものもあり、ガーデン自体も要予約なので調べた上で、予約していくととてもたのしい旅になります。よく雑誌(クロワッサンやほか化粧品関連の雑誌など)にこちらの会社の化粧品類がのっています。シャンプーやコンディショナー、せっけんなど、ハーブを利用したとても香りのいいものがそろっています。...

道路に、おとしもの。

はてはて、なんやら、これなんだ?この季節。道路にいろいろ実はおちていますが、これは、わざと、落とされたもの。あおい、オニグルミのそと皮です。で。これが、いちばん大事なもの。このぎざぎざのくるみわれのそと皮。これが、アスファルトの上によおくおちています。いったい、だれが、どうしたのか。かしこいカラスさんが、車が通るところに、おいて、轢いてもらって、中身を食するのですね。ごちそうさま。そうして、雨にう...

「道の駅」にでかけよう!

安曇野めぐり、そのひとつの目的として、「道の駅」めぐりもたのしい!または帰り道、最後の休憩なら、ぜひ「道の駅」です。いまは、新米からりんご、秋の収穫祭とめいうっていろんな旬が売られています。かぼちゃも、普通のかぼちゃから、こんなへんな形の「すくなかぼちゃ」もまざったり。にんにく一袋¥300や豆、プルーンなどなどもりだくさん!季節がら、おおき~な洋ナシも、でていました!こちらは「まつかわ」堤防道路沿...

食用ほおづきいっぱい!

食用ほおづきがた~くさん、なっています。もう、ダンボール箱いっぱいになって、かさかさ、と音がしています。出荷できるくらいに、収穫できるようになりました。こんな、緑色のほおづきが、成熟すると、上のように、なります。まるで、はねつきの羽のように、ひっくりかえして、つかいます!ちょっと、独特な風味がおもしろい、見た目もかわいい、食用ほおづき(フィザリス)です。今なら、デザートについてきます。(ある限りで...

信州をぐるっと。

ぐるっと信州をめぐりましょう。安曇野、松本平から、足をのばしていろいろと。よくばりツアーで、たのしく!!ということで、スタンプラリーも開催されています。信州は観光名所がとても多く、季節ごとに、たのしみがいっぱい!また、これからの時期、芸術やアート、工房の作家もの、などなどのひとの手によるものに、触れてみる機会もたくさん!11月の恒例「安曇野スタイル2012」や、各美術館なども、ナイトミュージアムや...

野菜の花のなまえは。

野菜「ウリ科」の写真3つ、の答えのページです。こたえは、上から苦瓜(ゴーヤ)きゅうり。ズッキーニ。でした。こんどは、もうすこし、違った角度から、見てみたいです。また、時間があれば、集めてみたいと思います。...

インターチェンジの名称が変更に!「安曇野インター」となります。

10月7日に旧「豊科インターチェンジ」から「安曇野インターチェンジ」に名称が変更になります。安曇野市になり、「安曇野」ブランドを打ち出していこうという風潮になり、その土地のひとびとが、その土地、郷土のすてきさをそとへアピールしています。そしてそれにあわせての、イベントその他もろもろもひらかれています。インターを穂高方面にきた安曇野スイス村 サンモリッツでのイベントです。信州をあるこう。キャラクターの...

冬野菜の芽。

とはいえ、これからくる「冬」にそなえて、いろいろと、準備がはじまります。畑も、冬になればお休みになりますが、それまでに、冬野菜の準備です。まずは、大根と、白菜が芽をだしました。野沢菜や、そのほか、だんだんと、季節がかわっていく様子が畑でも、見ることができます。...

野菜の花、くらべたことってありますか?

こちらは、なんの花でしょう?今回は、「ウリ科」の植物でまとめてみます。さて、こちらは?上の写真にくらべると、けっこうまるくて、かわいらしいイメージになりました。さてさて、今までも、ブログでアップしてきたので、簡単だったかもしれません。答えは、・・・また、次回に。...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。