安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

くろたね草が咲いては実をつけ、つぎつぎと・・・

二ゲラが春から、いれかわりたちかわりで咲き続けています。こぼれては、咲き、発芽率も高いかわいいもの。たねの入っているフーセンポピーの部分をドライにします。薄いブルーですが、春先に咲いていたのは、白いお花でしが。ブルーも濃淡があり、なんとも可憐。葉っぱがなんともいえず夏らしい細さ。別名がくろたねそうというだけあって、中はちいさな、ちいさな黒いたねがいっぱい。ゆらすと、からから音がします。(たねだけを...

ミニトマト*いろんな収穫

ぷりっぷりのなすとミニトマトやぴーまん。右上のピーマンは、「ぜったいに、からくない(苦くない)こどもでもたべられるピーマン」だとか。たしかに、これは、鶏肉と焼き鳥状にしても、文句なくたべているふしがあります。やっぱり、あのぴりりとした苦味のようなものがこどもには、つらいのかもしれません。みためは、万願寺とうがらし?の丸っこい感じなのですが。そして、いろんな種類のミニトマトも収穫。今年は黄色も、なん...

あなあき小松菜、だれのしわざ?

みごとなあなあきの葉っぱ。さてさて、なんの葉っぱかな?わっさわさとところせましに葉を広げるこまつなさん。こんな小さなところから、約1ヶ月。すばらしい成長です。が。こんなときから、すでにあなあな状態の農薬なしこまつなさん。いったいどんな小さなむしが葉っぱの裏にかくれているのやら・・・...

七色にかわるいろんなあじさいゆれて・・・

うすくあわい空色のがくあじさい。おなじブルーでもパールブルーの紫陽花こちらは ちいさな白い花が密集しているアナベル。以前にお客様にいただいたもの。こちらは、かしわばあじさいの八重。実は、一重もあると知ったのはつい最近。塔のようにそびえていたのが、重くて茎が耐え切れず、よこにだらけてしまいました。アップにするとよくわかる、中がすこしきみどり色の、八重の花々「柏葉」というだけあって、それなりの形をして...

笑!クワガタ対蛙

本日の、ほんわか雑記。ちょっとわかりづらいですが、おもしろ笑える姿です。これは、つかまえてきたわけでも、わざわざこうしたのでもなく、本当に、この姿だったのを、あわてて写真をとりました。くわがたメスとかえるの一騎打ち!なんて。無性に、かわいくて、たのしい夏の1ページでした。朝だからこそ、いたのでしょう。よく、小学生などの男の子がいらっしゃるときは、昆虫探しに、夕食後におでかけしたりしますが、最近はだ...

いろんなレタス、成長早い!

ならんだレタスの畑。いつのまにやら、どんどん成長。一度にできたり、大量にあるとこまってしまうのがこちらの葉物。最後には、ここまで真ん中がのびる!!そして、たべると、真ん中の芯はちょっと、ニガイ・・・ふつうのレタスは、まだなかなかつかいどころがあって、GOOD火をいれても、つかえるところが、同じレタスでも、なかなか優等生!...

赤くきほうれん草

上から見ると、ちょっとわかりずらいですが、ほうれんそう。です。しかし!「あかくきほうれん草」でして茎が赤くなっています。え?ふつうのほうれん草も、あかい?そうです。ですが、こちらは茎すべてが赤く、また、通常のものがピンク色としたら、こちらは赤紫。あまりのあつさにうだる赤くきほうれんそうくん。いまとなっては、とうがたち、花が咲き、まるで、別物のようになってたっております。...

未央柳とヒペリカム

おしべがふわふわとゆれて、なんともいえない花。びようやなぎ(たぶん?)対角にはえた葉っぱが特徴のこちら。つぼみを摘んで、かびんにさしておくと翌日、とてもきれいにまあるく咲いています。こちらは、ヒペリカム。同じようなお花が咲きますが、後に、赤いかわいい実がつきます。ヒペリカムが好きで購入していたのは切花でしたが、安曇野で越冬するとはちょっと、びっくりしました。なので、早速苗を購入、地植えしたもの。...

おにゆりが、風にゆれて

夏の風物詩「ゆり」たけは、ちいさいですが、おにゆりが咲きました。陽がさしていて、通常のオレンジよりも、赤い色にみえました黒い、はんてんが特徴です。...

あかふさすぐり、それ、収穫!

初夏のさわやかな空気のなか、ぶどう状になった実がたれさがる、赤ふさすぐり。とにかく、さるさんにとられるまえに、よいこら、しょっしょとちょっとあおくても、ほぼ収穫!収穫した赤ふさすぐり。ちょっとすっぱいですがぷちぷちとしていて、なんとも、童話の中のたべもののよう。...

アイスプラントで*キッシュを。

ということで、うわさのアイスプラントで、キッシュをやくことに。焼成後。こんな感じに焼き上がり。切ったところをほんわか、チーズの香りがおいしさの感覚をくすぐる。香ばしいにおい!...

アイスプラント、のびた茎の方が、すごい!

アイスプラント。例の、なにもしてないのに、なんとなく、塩あじがする不思議な新野菜。茎がのびると、そのくきに、とうめいのつぶつぶがいっぱいびっしりついています。この部分に塩分があるということらしいですが・・・・地べたにはいつくばるように、広がる多肉植物くん(のようなもの)切り目をきれいにしないと、すぐに、傷んでしまい、日持ちが悪くなってしまうので、ご注意!...

ブルーベリーの収穫。

ブルーベリーが最盛期をむかえています。早稲種の大粒がいちごのケースいっぱいに毎日収穫。汗だくになりながら、1~2時間無言で収穫。普通つぶとおおつぶ。これくらい。味はかわらないですが、大粒の方が、皮がやわらかくて採るのも、楽です。つまようじにさしてみると、かわいいだんごのできあがり。...

青いりんごもふきとばせ!

かわいい花をつけていたりんごが、結実。ひめりんごサイズになってきました。これくらいでも、絵になるりんご。たぶん、ふじ。青いりんごの並木道。ちょっと、赤毛のアンの世界。こちらが、春咲いていた、りんごの花。なんとなく、さわやかな、初夏の風と香りが漂う気がしませんか?...

加工用とまとって、たまごみたい。

なんのしげみ?とおもいきや、細長~い、加工用とまと。とまとジュースや、火をいれて使う加工用のとまと。よく、ホールとまととして売られているものの類似種。おそらく、それよりちょっと小ぶり。このての畑は、ちらほらみかけますが、某ジュース会社などに、委託?されて作っているところが多いらしいです。うちでは、もっぱらとまとソースになりますが、冬は、ぽとふに利用されるこのとまと。桃太郎の普通のとまと。こんなにち...

茗荷山。

なんの林?茗荷の林立。こんもり、畑のなかの異質な空間。まあるいこの山何の山?これは、茗荷山。茗荷の林がくっついた、夏に茗荷の花咲く茗荷山。春、まだ芽のでたては、こんな風。茶色い畑の土がちらほら。茗荷の葉っぱもぴっかぴかの春。これから、わさわさ、葉っぱがしげり、夏には茗荷のとれる、たのしい小山。...

たまねぎ、紫たまねぎ、いろんなサラダ。

レタスやブロッコリー、スナップエンドウ、むらさきたまねぎ。などなど、なんでもかんでもとれてる畑。おさらに全部もりこんで。ふつうのたまねぎは、根元がしろくて紫たまねぎは、茎から上はおなじだけれど根の肥大部分だけが、むらさき、アーリーレッド。...

ラベンダーの摘み取り。

ラベンダーが咲き乱れ、摘み取りとなりました。紫のラベンダーと、白いのと2種類があります。ラベンダーのまあるい山。摘み取ったラベンダーはに、ちいさなお客様。たくさんの収穫の山になりました。これぞ、摘み取り自由。手はもうラベンダーの香りでいっぱいです。かんかん照りなので、すぐに、しなしなしおれはじめました。そして、館内に干される前に、軽く乾燥させます。もの干し状態のラベンダーたち。部屋中が、ラベンダー...

ブルーベリーがもりだくさん!

ブルーベリーがたわわになりました。ブルームがついた、大粒のブルーベリー。なかなかぎゅうぎゅうづめで、なっているのでとるときにどうしても、まだ緑色の、あおい実もけっこう一緒にとってしまします。これから、どんどん色づくブルーベリーぶどう棚の横なので、鳥よけネットがすぐそば。最盛期には、ひっかかって、邪魔にされるネット。とにかく箱いっぱいになったりしてブルーベリー収穫も1~2時間かかります。...

ハスカップ収穫できました。

まるで、ねずみもちをあつめたもののようですが。いつぞやのきいちごサラダにのせていたハスカップです。北海道などで有名なハスカップ。あまり、実がなっているところはみかけません。木にもよりますが、ぷっくりぷくぷくの楕円の実。ブルーベリーの葉ともちょっとちがう、とんぼの羽のような、葉っぱのつき方。ブルームがとれないように、とりたいですが、実が結構、やわらかいので、一苦労でした。すききらいがありますが、ブル...

アニバーサリーケーキでお祝いを!

ご予約時に、ご注文いただいていた「アニバーサリーケーキ」結婚●周年の記念であったり、お連れ様のバースデーのサプライズケーキだったり・・・シチュエーションは今までいろいろありましたが、夕食後に、ゆっくりとすごす時間の楽しいアイテムとして、オススメです。もちろん、この場合のお茶はサービスでおつけしています。ごゆっくりと素敵な旅の記念となりますように・・...

さるなしが実になりはじめました。

つるは、どこまでものびてゆく・・・園芸種なので、とくに、元気!先月咲いていたはながもう実になりはじめました。かわいいベビーキウイのなりはじめ。やっぱり、キウイにちょっとにてる?...

赤ふさすぐりが収穫!

こんもり、山となった赤ふさすぐり。木から直接すずなりになるので、結構とるのが困難。すっぱいので、あまりこのまま生食はしませんが、デザートで、お砂糖をつけて、かわいくトッピングしたりもします。ぷつぷつにおちてしまった(房から)ものは、ベリー類として、ジャムにしてしまったりもします。こんな、フランボワーズのジャムに、いろいろミックスジャムにしてしまいます。フランボワーズも、山のような、収穫量になって、...

たまねぎ、あま~い!

たまねぎが全部収穫されました。豊科などでは、たまねぎ収穫祭なるものがひらかれたり、となかなかたまねぎづいてる安曇野です。たまねぎといえば、淡路島のイメージでしたが、こちらでは、結構ウリにしている様子。そこで。新たまねぎはいちばんは、「すーぷ」にすることなので、そうしています(あまくて、とてもおいしいポタージュになります)ですが、おうちでは、その食べ方では、食事になりません。なので本日は、「なべごと...

ほうの葉で、ほう葉すし!

お庭でとってきた、ほうの葉。まだまだ、低いところにありますが、大きくなると、とれなくなってしまします。(でも、おおきくなったら、お花が咲きます。以前のブログに掲載済み)なにかというと、錦糸風(?)たまごと、ちょっぴりにぎった、ちらし風(?)すし。つつむと、こんな様子でこれぞ、すし詰め状態。午前中につくったので、半日ねかせて、おちつかせます。そして、夕食。ひらいたすがたは、こんな風。5月、6月は、木曾...

きいちご、もみじいちごでサラダにしよう!

きいちごサラダ。サニーレタスや結球レタスなど、数種類のレタスとアイスプラント。そこに、もみじいちごをどっさりとのせて、柑橘ドレッシングをかけた、夏サラダ。うしろにちいさくのっかっているのが、ハスカップ。お好みで、かけていただきます。もみじいちごとは。はっぱの形がもみじのようだから、、、ということで、実がきいろいので、よくきいちごといわれているこの野いちご。ぷつぷつしていますが、結構あまくて、おいし...

あおい、トマトができています。

とまとも黄色い花に虫たちがよってきます。受粉した花には、どんどん実が!どんどん青い実がなりはじめました。とまとの半分ビニールハウス(状態)の中、くもやむしが生活しながら、野菜も大きくなっていく共存生活。あかくなったら、夏はすぐそこ!...

青トマトとアイスプラントのいためもの。

とある日の、食事。30度にもなろうとする安曇野。汗だくになりつつも、畑からは葉物が山のようにでっかくなっていきます。ちょっとずつ、きゅうりやなす、ズッキーニなどのほかの夏野菜もできはじめました。そこで。青トマトと、アイスプラント、ズッキーニやなすのいためものと相成りました。野菜たっぷりのいためものに、牛肉うすぎりのいためをのせて、ゆずぽんかけて。夏らしい食事の一品になりました。...

ラベンダーのつぼみが・・・

ラベンダーにつぼみがついてきました。まだまだちいさなつぼみ。細い、茎がそよ風にもゆれ、ゆらゆらとラベンダーの香りを風にとばす、安曇野の初夏。花が咲いたら、収穫します。収穫後館内に飾ると、夏の訪れをかんじるラベンダーです。...

探してみよう、四つ葉はどこだ!!?

さあ。。。どこに、何があるのでしょうか。ヒント、ここ。石が少し、写っております。そう。真ん中右端。ここにひとつ。その2、ここ。そう、ど真ん中よりほんの少し左真ん中ぐらい。などなど、この株だけで、いっぱいあります。四つ葉というものは、1つみつけると芋づる式にみつかります。まちがいさがしのようですが、こんなあそびも、写真ならでは。では、これなら?そう、ここです。あんまりきれいな四葉より、これくらい虫さ...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事