FC2ブログ

安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

スポンサーサイト

スナップエンドウが収穫はじまりました。

いつのまにやら、するするとのびていた「スナップエンドウ」白い、マメ科の植物、たくさん鈴なりに咲くと、サマースイトピーのようです。マメ科のおもしろいところは、花の色と実がなって、食して、そのあとの種(だいずやあずきはその乾燥をたべますが)の色と連動しているところ。あかっぽい、赤紫、白など。でも!!いちばん、マメ科の野菜できれいなのは、「シカクマメ」!!!です。青い、とてもきれいな花が咲きます。咲いた...

さるなしの花がさき、ルバーブは丈てしまいました。

さるなしの花が咲いています。秋には、ちいさな「ベビーキウイ」となって、実がなるつる。ふつうのキゥイにくらべると、実のサイズと同じく、小さめ。キウイの花はもーっと巨大で、おしべたちが、はみだしています。春から葉を広げて、花をさかせたルバーブももう巨大化しすぎて、とうとう、たおれました。そこで。どんなたねかといいますと・こんな、うろこのような、模様のたねが、びっしりです。...

わたしの好きな花。その2

芍薬につづき、わたしのすきな花その2です。ずっと、世話をしていて、(毎日のようにコーヒーかすを与え、夏はこれだけは、水やりをかかさず、米のとぎ汁を日々与え、)とにかく、大きくなってほしい、特別なクレマチス。真ん中が、少しグリーンからはじまって、白い八重の鉄線。これがふつうのよくあるクレマチス。紫で、とても大輪!迫力は大!これらが咲くと、もうすぐ夏が近づきます。...

わたしのすきな花。

しろい芍薬が咲いています。いま、お庭はだいすきなものがいっぱい。この白いしゃくやく。(牡丹より、芍薬の方が好みです。)冬にはまるごとそのすがたがなくなるところが、とても潔いです。山芍薬のように、一重ではなく、この八重がレースのドレープのよう。近寄ってみると、小さな音が・・・・ぶうん、ぶぶぶぅん・・・よ~くみると、芍薬の花のなかは、小さな虫たちのお食事タイム。はちや、こがねむしみたいな虫など、いっぱ...

しまだい。

釣りが趣味のオーナー。時間があると、なにかと日本海へGO!で。今回の釣果は、というとしまだい 12ひきあじ 4ひきちなみに、前回はいなだ?が4ひき(だったかな?)でした。おさしみやこぶ締めにして、うきうきしています。たくさん同じ種類があると、たかがパスタもどどんと立派な魚のせパスタに。むしてみたら、ひれがぴーんとたって立派な鯛のかたちにうきあがりました。...

ハスカップの実

ハスカップの実がなりはじめました。細長いむらさき色の実が2つづつなります。ブルーベリーのような、白いブルームがついたかわった形。これを、おかしにのせると。くろっぽいてんてん、のつぶがハスカップ。どうぞ、めしあがれ!...

ハウチワかえでの木漏れ日。

日差しが強くなってきても、大きな木々に覆われた有明の森。もみじやかえで科の植物とってみても、とてもたくさんの種類が生えています。風がさわやかに通ると、木々の枝がさえずり、葉ずれの音が遠くで、近くで、聞こえてきます。かさなった葉のところだけが、さらに濃いみどりをなしかすかに漏れる太陽の光が輝く、初夏のありあけの森。...

あさがおの芽がでました。

朝顔の芽がでました。毎年、玄関横におおきく設置して大輪を咲かす夏の風物詩。特に、最近はグリーンカーテンが家庭や企業で推奨されているため、本当によくみかけるようになりました。よくみるとわかりますが、ちょっと普通の朝顔よりも、ふたばがなんだか細長いこちら。西洋あさがお「ヘブンリーブルー」の芽です。普通の紫やピンクの朝顔と斑入りのあさがおなど、いろいろ植えました。夏が待ち遠しい、植物たちの幕開けです。...

バジルの芽がにょきにょき。

バジルの芽が出始めました。ソースやからあげ、ドレッシングにつかうため、大量に植えておきます。あまりにたくさんで、使いきれない場合は、松の実やくるみ、アーモンドをいれて、ジェノベーゼにして瓶詰め。冬から春の間の保存食になります。とはいえ、飽きることもあるので、乾燥させて、冷凍しておいて、別使用することも、しばしば。なんにしても、昔イタリアンが流行してこのバジルやハーブがどこかしこでも植えられるように...

ルナリア種に変身しました。

ルナリアの種がどんどんなってきました。お花はほぼ終了。まんまる(ちょっと楕円?)のぶつぶつ模様。いつみても、本当にへんなもの。お庭はこんなものが、いっぱい立っています。ルナリアの成長のところをご参照ください。どんな風に、ここまでおおきくなったか、記してあります!ルナリア成長2・花に続編が。ルナリアあおいたねにて、そのまたつづきが。このあとも、ルナリアレポート続く予定です!...

もうすぐ収穫、黄金色の小麦。

あんなにまっさおだった、大麦の色づき。くびがおれたりしはじめる、このころのムギ。つんつん、ひげが引っかかります。カラカラに、音もかわっていきました。...

白いそばの花と赤いくき。

そばの花が咲いています。ぴんくの花もありますが、食べ比べたことは、ありません。昨年は朝ドラ「おひさま」の影響か、とてもそば畑が多くみられたように感じました。そばのふしぎなところは、根元が赤いこと。昔話では、わるい山姥が、空からおちたところが、そば畑でその血でそばが染まってしまった・・・というお話がありましたが、そう思うと、日本のむかしばなしにもでてくるくらい、むかしからあるの穀物なのだと感心してし...

黄金葉のアカシアと森林浴

夏らしい、あわい萌黄色の葉がゆれる有明の森。ウッドデッキにいすをおいて、かぜにゆられていると、こもれびと葉ずれの音に、癒されます。ニセアカシアの園芸種で「フリシア」という名前のようですが、黄金葉のアカシア。太陽にすかすと、本当にきれいな色です。...

やまぼうしの可憐な花が、咲きました。

やまぼうしのかわいい花が、咲きました。4枚の白いところにかこまれた、真ん中の緑色が、そのまま秋には赤く熟します。アップでみると、あまりにシンプルなこのフォルムがとても美しい、木の花です。生食もできないことはないですが、そんなにおいしいものでもありません。果実酒がいちばん、むいているように感じます。...

大麦畑、薄茶色に・・・

みどりから、イエローオーカー・グリーン、そして、薄茶色にかわった大麦畑。さらさら。。。というよりも、カラカラ・・・というかるーく穂がゆれる、大麦畑。...

小麦の収穫、干し。

収穫した小麦。葉っぱをとって、干しにはいります。ある程度乾燥したら、館内にかざってしまいます。吹き抜けの玄関にあるのは、これです。こんなにあおあおとしていたのが、収穫して、ひとくぎりたつと、こんなに素朴な色になりました。...

パセリ、イタリアンパセリ、ルッコラ。

イタリアンパセリとパセリも、こんもり大きくなりました。香草は、メニューの料理にかかせません。ちなみに、パセリは、オレンジジュースとあわせて、ジューサーでパセリジュースにして、のみます。ちょっと、独特ですが、なんとも体中がすっきり、きれいになる?気がします。それも、朝のむのが、イイのです。(たま~にしかしなくなってしまいましたが)ルッコラの花が咲き終わりはじめました。あおい、筒状のたねが、できはじめ...

ちょっぴり色づいた、大麦畑。

先日まで緑色だった、大麦の畑がだいぶ色づきました。さわさわ・・・・がさららら・・・にかわる、どんどん乾燥したかる~い穂をゆらす、麦畑。もっと、黄金色になったら、収穫です。...

梅花空木に花がさきました。

ばいかうつぎに花がつきました。白くて、一重で、可憐で、山吹のホワイトに少し、似ている梅花空木。まあるいつぼみが、とっても愛らしい花です。...

ショコラ*食パン*くろまめぱん。

ショコラパンが、ころんころん。ショコラしょくぱんをついでに。なかみはひとやまごとに、いろいろ入ったおたのしみ。左の山は、チーズ。真ん中の山は、クランベリー。右の山はくるみ。あきないように、ぱくぱくたべよう。さいごは、黒豆入りのみつあみ食パン。ショコラを何層にも重ねたものをみつあみ。昔、とてもはまって、チョコがきらいなひとでも珍しくヒットだった、チョコ食パン。ちょっとリッチに、黒豆入り。つぼにはいっ...

やぐるまぎく

この季節、畑やたんぼ、麦畑の中やあぜみち・・・あちこちでみかける「やぐるまぎく」よく、「矢車草」という名前でよばれてしまいますが、矢車草はもっと巨大な矢をかたどった葉っぱの山野草。まったくべつの植物だったりします・たしかに、菊っぽいかもしれない、こちらのおはな。...

あおい、みどりのベリー類。いちごもあおい実になってきました。

花がさいて、だんだんいちごがなってきました。まだまだかたくて、あおいいちご。おひさまをあびて、まっかないちごに変身までもうすこし。みどりの実といえば、このほかに、カシス(上記写真)やハスカップ、グーズベリーなど実があおくできてきました。生での生食よりも、火をとおしたほうが甘みが増すものが多いですが、さてはて、あと半月から1ヶ月ほどで、ベリー類(ブラックベリーやフランボワーズやブルーベリーまで)最盛...

ニセアカシアが川原にいっぱい咲き誇ります。

ニセアカシアの花が咲き乱れています。こんなとき、苦手な方はこの花粉で花粉症がつらいとマスクを常時使用し、このあま~いだる~い香りに、ふらふらと酔いどれ、この花が咲くと、好き嫌いではっきりとわかれる木の花のひとつ。特にこのあたりは、護岸のために川原や山の土止めにたくさん植えられた経緯があるため、どこもかしこもこの香りとこの色一色になります。川原の横豊科の湧水池での掃除。夏のイルミネーションをこの湧水...

ブラックべりーとフランボワーズのダブルベリー。

フランボワーズもここぞとばかりに蜂が集まってきました。こちらは、あまり花という花ではないのでめしべとおしべがダイレクト。それにくらべると、このブラックベリーの花はお花としても飾れるすぐれもの。うっすら桃色でお花も結構大きめ。葉もフランボワーズに比べるとグリーンがとても濃いのでどっしり強いイメージ。実際、どこに移しても、たいてい根がつきます。まっくろーい実ができますが、ちょっと種が大きくて使い勝手に...

”ハーブティー”!摘みたてハーブで!

3月、4月にご紹介したカモミールの冬越し芽もいまや、50センチを越す高さとなり、満開。あまい、独特な香りが漂います。そこに。太陽の光をあびて、さらに芽をのばそうとする、フレッシュグリーンの「ミント」と。さわっただけで、スッキリ爽やか「レモンバーム」をつんできて。こぽこぽ・・・沸かしたお湯をそそぎ込み摘んできたハーブを飾って・・・できあがり。こんなおひさま色に、なりました。ほっと、ひといき。好みもありま...

ルナリアレポートあおたね。

ルナリアの種がだいぶついてきました。あおくて、透き通る真ん中は種がうっすらうつっています。これからもっと、大きくなって、しろくなるまで、追跡レポート。葉っぱつきでこんな風...

スモークツリー*2色のつぼみ。

スモークツリーのあおいつぼみが広がりはじめました。スモークツリーのあか。葉っぱも花も赤です。どちらも満開になると見ごたえがあります。植えたきっかけは、フランスプロヴァンスの旅行であまりに感動して、魅せられたからです。それ以来、スモークツリーの虜。毎年、とても楽しみにしています。...

丁子草咲いています。

丁子草が咲きました。ちょっと日陰でも、ちょっとざら土でも結構しぶといしっかり草花。年々大きなかぶになってくれます。あまりに可憐で、でもひっそりと佇む寡黙な花。去年のこぼれ種がたくさんおちて、この株のまわりに、小さな芽がぞくぞくとでてきました。踏まないようにするのが、一苦労。...

水田になりました。

田んぼに水が入り、田植えも終了。先日の代掻きも苗が植わると、次は水当番がこれからえんえん、つづきます。...

いちごが、なりました。

いちごがなりました。5月初旬に咲いていた白い花。ようやく、赤くなりました!これはまた、ちょっとぶんぶくちゃがまな、きょだいいちご。まあ、これくらいが、ひとくちさいず。野菜売り場のきれいで、そろったいちごではないけれど、太陽の光をいっぱいにあびた、おひさまの味のする、自慢のいちごさんたち。みずみずしいというよりも、あまみのぎゅっとつまった、濃いいちごです。種類のせいもありますが、実のかたい、傷みの少...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。