安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

あおいあおい、麦畑。のびた!

半月前とはうってかわって、のびてきました。あおあおとした葉が、上にむかっています。通常「大麦」が先に穂をだして、長い穂先のひげをゆらしながら黄金色の麦畑が広がります。そのすこしあとに、「小麦」がざわざわさわさわとゆれます。ちなみに、大麦は「ビール」に小麦は「小麦粉」が主です。小麦粉はいわゆる「地粉」で中力粉。こちらでは「うどん」を家庭でつくるときに、よく利用されます!自分で打って、ゆでたてをたべる...

春・花まっさかり。

とてもいい天気!がつづく近日。あたたかさも日増しに お花たち植物に反映されています。さくらも、うめもあんずも もくれんも、み~んないっぺんに咲き始めました。黄色い春の花たちは連翹(れんぎょう)をはじめ、蝋梅ろうばいやサンシュユは葉っぱがあとからでてくるために、とても目立ちます。そこで雲ひとつない、青空の北アルプスをバックに。さあ、春爛漫です。...

野沢菜の花*つぼみをたべましょう。

あおあおとした葉っぱが空へとむかってつぼみがついて、もう咲きそう。何の畑かというとごぞんじ「野沢菜漬け」の野沢菜さんたち。そう、その野沢菜のつぼみです。菜の花よりも、グリーンが濃くて、やっぱり皮もちょっとかため?ボイルすると、もっと鮮明なビリジアングリーンに早変わり。花がさくと、もっと固くなるため、おすすめできませんが、いまなら、春らしいアクを辛子醤油などで、どうぞ。...

春キッシュ「わさび菜」いり。

さすがに、春になるとおでかけ気分。安曇野にも、観光で訪れる方が増えてきました。GWを前にして、桜も咲いて、とてもキレイな北アルプスの麓です。付け合せのキッシュも大量に必要になってきました。先日の「わさび菜」がかわいいのでそれを使って何かをあわせましょう。そうだ。夏に作った保存食「青ぷちトマト」!(写真はちょっと暗くなってしまいました)青ぷちトマトのピクルスがこちら。で。エダムチーズたっぷりいれて。さ...

朝日をあびる、萌黄色ミント。

朝まだはやいじかんの太陽光。朝日をあびて、「ぐんぐん」「むくむく」ということばが、似合うミントの群れ。こちらもカモミールといっしょに、お茶にしましょう。夏は、アイスミントティーにすると、ハーブティーが苦手な方でも、すっきり、さわやか、たのしめます。濃い目に煮出して、ミントジュレにしてデザートにおだしすることもある大活躍ミントたちが今年も健在!!...

パン。ぱん。できたて焼きたてほっかほか。

ほっほ~いい香りがしてきました。今回はぷれーんぱん。まるやむすび型うずまき。。。などなどいろいろつくりますが、こちらはなんとなーく楕円ぱんにクープ(切れ目)いりのぷちパン。朝食用です。できるだけ2種類になるようにおだししますが、難しい場合は同じ種類を2つ。抹茶パンだったり、いちご風味、チョコ、オレンジ、くるみやクランベリーなどなど、毎回いろんな種類をつくっています。お食事用のぷちパンと一緒に、おう...

みつまた。いろいろ。

3月にみつまたが、つぼみでいます。というのをかきました。その時に「あか」い三椏もあります!というのが、これ。ちょっとボケてしまいましたが、こちらが、赤い三椏。普通は黄色いです。いま、vif穂高の入り口は満開です。白い花首に黄色か赤が咲いて、枝しかない姿。和紙を作るためによく用いられますが、昔は特産品としてつくっていた地方では、きっと春は三椏畑で、こんな姿が一面だったのでしょう。ちょっと、見てみたいです...

とりの巣。だれのおうち?

なんのおうち?だれのおうち?冬のえだにのこった『鳥の巣』ず~っとこのまま、いったいいつから空き家になったかしれない冬になると、見えるたのしい情景!これから、葉っぱが茂るとかくれてしまいますが、これはぐみの木。びっくりぐみなので、と~っても実も大きくて(たべてたのかな・・?)けっこうちいさな「鳥の巣」なのではとかひよどりか、そのあたり?河原にとても巨大な鳥の巣も発見。車で通るたびに、気になるおうち。...

わさび菜!?え?わさびの葉っぱ??

これ、何?また、あたらしいニューフェイス野菜?!おもしろいことが大好きなのが性分で、珍しい野菜をみかけると、来時期に植えてしまいます。「アイスプラント」や「しかくまめ」などなどコールラビやちょっとかわったサラダ菜系もただいま思案中。そこでこちらは「わさび菜」「え?わさびの葉っぱ?」とかいわれてしまいそうですが、全くの別物。機会があったらわさびも山葵田もご紹介しますが、まあるい葵の御門の葉っぱとは違...

つくしんぼ。みーつけた。

春のあぜみち、なにがあるかな?もう、春がやってきました。この陽気でむっくり。つくしです。今年初でみかけました。まだ、胞子をかかえたままの緑色したあたま。う~ん、かわいい。ちなみに、こちらはおひたしになります。あたまの胞子は苦いので、できるだけ振り落とします。で、はかまはひとつひとつ、ていねいにとりはずして、ゆでます。うすめためんつゆなどと和えて春の香りをさあ、いただきましょう。...

あおぞらと北アルプスパノラマ

すばらしい青空!北アルプスも白馬まで遠く見渡せます。こちらはその左半分。パノラマサイズでのせられなかったですが、どこまでも澄んだ青い空のむこうにそびえたつ北アルプス。GWもいい天気であると、いいです。...

キッシュ!焼けました。

通常、コースの中に、オードブルはないのでお肉料理のときのつけあわせに。ただいま、畑ではまだまだ冬模様のためあまり収穫できないのでとれる範囲で「冬菜」くらい。ということで今回のキッシュも「冬菜」ときのこ(しめじです)のキッシュ。たくさんになったので、味見をかねて今日のごはんにいたしましょう。(笑)昨年の加工用とまとを利用してあったか~いとまとポトフとキッシュで。まだまだ、冬menuの食卓です。...

「しいたけ」くん収穫真っ盛り。

じゃじゃ~ん。「椎茸」です。ただいま、ざっくざく「しいたけ」が収穫されております。こちらがその収穫前。どんぐりの木。ならの木に生えてます。でも、こうなったからには、もう屋内。猿が狙ってます。猿にやられるまえに、こどものうちに、さあ、避難!!!!これっくらいのうちに、さあいそげ!!にげろ~家の中へ避難だ~!!!そうです。本当は、こんな風に外に、ならんでいたんです。エスカルゴバターソテーなどで、付けあ...

満開「いわうちわ」

敷地内のたくさんの「いわうちわ」が満開をむかえました。いちばんイイロケーションは、実は「お風呂」です。特に、おふろ①の湯船からみるほんわかダウンライトの「いわかがみ」はピンクがかわいらしく、なんとも高山植物らしい佇まい。いい季節の夕暮れの温泉で、ひっそりと咲く山や林の草花で癒されてみてください。同じピンク色では、これから、「ヒマラヤユキノシタ」や「ショウジョウバカマ」「石楠花」(シャクナゲ)がかわ...

ヒペリカム冬の枝。

ヒペリカムの冬の枝。春にはおしべがながく、いっぱいのびた黄色い梅のような感じの花を咲かせるこちら。冬のえだはまだまださみしい赤い葉っぱの姿。対象にひろがる葉が特徴。キンシバイやビヨウヤナギがお仲間で、このそばにも植えてあります。咲いた頃、またのせますね。おしべが長いせいもあって、とても繊細。なのに咲くのは梅雨。雨が降るとあまり美しくなくなってしまってとても残念・・・。蕾のうちに、ひとえだ、おうちに...

朝露つきのカモミールロゼッタ。

先日のカモミールがこのところのあたたかさでぐんぐん大きくなりました。朝露がついた、萌黄色のカモミールの芽のロゼッタ。これから、つぼみがついて、花咲いて、薄い若葉色のお茶がまってます。...

すみれ*バイオレット

さすがに安曇野も、春です。濃紺のすみれが咲き出しました。Violetの名前でも知られるすみれは野やあぜ道に根をおろす芯のある野草。世界には約400種類ほどあるらしく、そのうち、50種ほどは日本でも自生しているとのこと。よくみかけるのは、「たちつぼすみれ」の方で、白っぽいうすい藤色の丈の短いスミレ。こちらの濃紺すみれが振袖を着た長い髪の少女だとすると、たちつぼすみれは七五三をむかえた、まあるい顔のかわいいおん...

福寿草~大きくわっさわっさとみどりになって。

3月やっと芽を出して、きらきらとした銅の食器のような光沢色の福寿草。いつのまにやらたけてしまって、葉っぱだらけのわっさわさ状態に。「今年はなかなかあったかくならないね~」というこのあたりのみなさんのごあいさつのような陽気ですがやっぱりちゃんと、ぐんぐん芽をのばしている草たちもいっぱいです。...

春うららか北アルプス

北アルプスもとてもいい天気。朝の雲もいつの間にやら消え、青い空がつづく春らしい陽気。今日一日で、いろんな草花が何センチもぐんぐんとのびそう。春霞も手伝って、ちょっとうすあおい常念岳。今写真に撮るなら、常念岳と春の芽吹きがおすすめ。やなぎも薄きいろい芽がではじめて、安曇野早春色。...

冬越しカモミールの芽。

昨シーズンのこぼれた種からでてきた「カモミール」のロゼッタ状の芽。冬越しした植物くんたちは、結構骨太。しっかりと根をはって、初夏にかわいい花をつけます。あぶらむしが多いところが難点でありつつも、きれいな、イエローのフレッシュハーブティーになるので重宝します!特に、冷やすと、夏にはいいですねー。運がよければ、もちろんダイニングにおだしします!!夏をおたのしみに!...

クリスマスローズが満開

クリスマスローズが満開を迎えています。ここ数日の陽気で、やっと春めいてきた安曇野。まだまだグリーンの少ない土の上で、クロッカスや水仙よりはやく、いっきに咲き始め。このあたたかさが続けば、数日でどんどんいろんな芽吹きがやってくるかも。今のところは、まだまだ桜の芽はかた~いかんじ。...

すいせんまだまだ つぼみかな。

松林の中のPensionはまだまだ冬景色。でも、畑は日光をさえぎるものがなくて、つぼみがついています。松本や豊科近辺ではもう咲いています。今年はとにかく、寒さがなかなか抜けず、冬用タイヤもまだまだぬげそうにありません。もう咲くかな、あした 咲くかな黄金色の ラッパがさいたら春の音を 奏でようどっすん どっすん やってくる春の足音 リズムにして春風すいこんだらぱっぱら ぱっぱっぱーっておもいきり すいせん...

久しぶりの青空。遠くまでよーくみえます。

本日は、晴れ。とてもいい天気なので遠くまでよくみわたせました。まだまだ山は冬模様。ゆきどけの雪形を見分けるまでにはまだ時間がかかりそうな今シーズン。因みに、写真上部のまあるいものは「やどりぎ」大きな大木には(昔からある農家のひろーい土地には何本もそんな大木があります。すばらしい)1つといわず、5こも6こもあります。春、これから芽吹きの中で、どんどん葉っぱにかくれていってしまう今だけの風景。見つけ出...

アネモネ。

アネモネがやってきました。といっても、露地モノではなく、温室栽培の品。あと半月もしない間に安曇野も水仙、連翹、クロッカス、桜。。。などなどどんどんと お花が咲いていくことですが、こちらは「ほりがね物産センター」にて地元の方がだされたお花。これから、秋までは地物のお花が結構たくさんでます。初夏の紅花がオススメ。ドライフラワーにももってこいです。...

残雪

その年によって違いますが、今シーズンの残雪は写真のとおり。建物の北側川との境は、松林のためもあって、日陰。そのもの。雪状態での残った場合はとてもいいですが、1月2月に、溶けて氷のアイスバーン状態になると、とても歩けたものではない北側通路。GWなど白馬大雪渓向かう駐車場などでも十分残雪はたのしめます。安曇野の場合、うまくいくと、須砂渡渓谷を常念岳登山入り口の方へずんずん山をのぼっていっても渓流沿いに結構...

穂しそカラカラ。カッラカラ。

冬の畑やたんぼはカラカラと音のするものだらけ。先日の「山椒の実」もまた然り。風がふくとおともなりますが、耳にあてるとなんだか風情のあるちいさな、楽器のよう。とにかくカラカラにひからびているので、衣類がナイロン系ならいいのですが、へたに毛糸やウール系のコートなんかをきこんでいると、くっつきむしのように、ひとつぶ、またひとつぶついてきます。さらにひどいと、ひっかかって(山椒なんかその筆頭!)毛糸の糸が...

一瞬の隙*たった1日のできごと。

昨日まであったはずの実が、一日にしてなくなる。冬中あるなあ、となにげなく見ていたはずの「実」こちらはピラカンサス。常緑樹のためグリーンの葉に、赤い実がなっていたのに、毎年、ある日をさかいに突然なくなります。だんだん減っていくのではないところが、ミソ。こちらは南天。これも同日に一挙剥奪・・・・そもそも気がついたのが、玄関に飾ってあったリースの野ばらの実とへくそかずらだけがつると絵だだけになっていて、...

吹っ飛ぶ強風*ふきつける雨。

夜中からがたごと がたごとびゅーん、びゅーん。フ~ガタガタガタ・・・ものすごい強風にあおられる安曇野。松林も背が高い分、ぶんぶんゆすぶられて、折れるのではととても危険な強風の音。(松の枝が落ちると、とても危険なので恐怖です。歩いていても怖いですが、おいてあった車に落ちて、へこんだり、上から屋根につきささった事件もあります。ちなみに、よりによって自分の車になんで・・・と途方にくれたそうです。(この場...

朝露がひかる*早春の輝き。

昼間はとてもあたたかくても、朝晩はまだまだ冷えがあるこの季節。1枚羽織ってどころか、フリース1枚手放せない外気。温度差がはっきりとしていると、朝はよく「霧」がでます。局地的なものもあるので、え?ということもよくありますが、霧がでると、その日はとにかくよく晴れるので、空気がぴっかぴかに空へととびだす感じ。掘り起こされた、こげ茶色の畑からはもわもわと水蒸気があがり、たんぼのあぜの草花にはあさつゆが。きら...

のかんぞう。野甘草?

やっと芽がでた「野かんぞう」ぞわぞわ、ぞくぞくこれくらいで、かりとって、ゆでて、きざんでごはんにまぜたり、たまごやきにいれたり、ごまよごしのおひたしなんかが、一番春らしい小鉢の1品。たけのこのように、交差してた葉っぱのならびは、とてもみずみずしくて、シャッキリした野草。夏には、キスゲとおなじようなオレンジ色の花がさきます。夏休みにあぜ道でみかけるのは、たぶんこちら。先日から脅威の強風ふきあれる安曇...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事