FC2ブログ

安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

つづき。

あずみの公園画像のつづき。大きなガラス張りの水槽(?)でじーっとみているのも、またおもしろいもの。パズルや木の実工作のほか、押し花うちわなどあたらしいモノも季節によってでるということなので一度来館したことがあっても再び訪れるのも、またたのしいように工夫されています。...

あずみの公園にいってきました。

須砂渡の下にある あずみの公園園内はぐるぐると散策もよし、いろいろとあるのですが、こちらはあずみの学校という 建物の中。にじますややまめ、いわななどの魚が泳いでいるところをみることができたり、石室をのぞいたり、古い民家風の土間があったり、、、と様々な体験ができますこちらでは、クラフトコーナーのようになっておりカスタネットやミニパズル、木のくるまなどにお絵かきをしたり、木の実をくっつけたり、自然のも...

まるで、安曇野を走っているよう・・・

雨上がりの安曇野。雲が北アルプスに向かって行進しているかのようです。そして手前はもちろん機関車。「D51]です。松川村との境に近い立足という地域に設置されています。ちょっと暗くとれてしまったので目をこらさないとよく見えないのが難点ですが、ちょっとワクワクする気持ちにさせてくれます。雲とのバランスもあいまって、ちょっと機関車の煙にも見える・・・かな?(笑)...

碌山美術館をちょっと横から。

普通、碌山美術館を正面の入り口から近いところから見るとこのような感じ。とても見つけやすいです。ただ、夏は樹木に覆われていて建物は見えずらいですが・・・そこで、ちょっとナナメからものをみてみると。碌山美術館は敷地内にいくつかの棟に分かれています。作品ごと、といいますか庭園も木が多くとてもいい環境となっています。この碌山は大糸線の真横に建っておりますので線路向かいから見るとこんな感じになります。先ほど...

安曇野ちひろ美術館にできた、あたらしい公園!!

安曇野ちひろ美術館に新しい公園部分が完成しました。(7月23日OPEN)なつかしのこんな電車が設置され、中も入れるようになっています。「がたん、ごとん」と、音をだしながら遊びにいきたい、そんな場所が開園です。...

あじさいが咲き乱れて・・・

先日のあじさい通りの紫陽花をアップで。特にこのブルーが多いですが、一部白色や、ガクアジサイ、そのほか数種のあじさいが混在しています。せっかくの機会に一度ご覧になってはいかがでしょうか?...

またまた、碌山美術館ですが。

またまた碌山美術館となってしまったわけですが、この季節は、歩いている他国の方々も多くみかけるようになってまいりました。車でのドライブがてらの方ももちろんですが、レンタサイクルでの安曇野巡りをされている方も本当に増えているようにも感じます。ぜひ、安曇野の風を肌で感じてみてください。...

春の緑が萌える安曇野*碌山美術館

緑があふれ出す季節となりました。安曇野も、萌黄色一色。木々の芽吹きもさることながら、大麦の穂もゆれさわやかな風が吹いています。若葉のこの季節にぜひ、安曇野へ!心からおまちしております。...

そして、元旦の碌山美術館

朝からうっすら白く雪化粧した安曇野。まだ日が昇っていないうちは、とても美しい冬の姿の出で立ちの碌山美術館曜日に関係なく、お正月3が日は毎年営業しているようで、きちんと正面玄関入り口に「あけましておめでとうございます」の看板も。...

元旦の初詣*穂高神社

ちょっと、遅くなりましたが、こちらは元旦の朝の穂高神社の様子。古いお札などをてにした参拝客らがところせましと行きかう姿。なにしろ、ご祈祷の車が列をなしているのがスバラシイ!参拝も、やっぱり並びます。...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事