安曇野 Pension 花ことばのブログ

北アルプスを望む 「安曇野」にある宿 Pension 花ことば のほんわか雑記。

さてさて、これはなんでしょう?

なんだか枯れた草のようですが、地面以下が大切。枯れたあとのこの根元。見えづらいですが、この地面には落ち葉だけでなくむかごが一面に広がっています。そう、長いもです。ほるのもたいへんですが、縦になが~くふか~く、掘っていくのです。地道な作業ですが、これがおいしさの秘訣でしょうか。...

野沢菜のおつけもの。

シャッキシャキッと 歯ごたえのよいおとがする野沢菜のおつけもの。藁でしばった本格漬けももちろん仕込みましたが、こちらはお手軽切り漬け。塩漬けのものとは風味も違い、なんともお茶とごはんがすすみます。...

2年もたって、やっとできたしいたけ!!!

数年前、もういつだったかも忘れてしまいそうでしたが、某森林組合のワークショップで菌の打ち込みの講習会にてひとり1本いただいてきたもの。水道水はいけないということで、川の水を汲み(稀に)かけておりましたが、この夏も干からびたりとても気の毒な状況下に置かれた割に、先日超巨大に広がってできているのが発見されました。。。。そして、小さなちびっこしいたけがどんどんでてきています。これから数年(?)収穫できた...

夏の終わりもまだまだ元気ハーブ

イタリアンパセリやタイム、フェンネルなどなどまだまだ元気なハーブがいっぱい特にバジルは夏の香りというイメージになりますがまだまだこんなにトマトがとれているうちは出番は山のようにありそうです。加工用とまとはだいぶ終わりになっていきますがこちらの方が、水分が少ない分より相性もばっちりです。...

ぷっくり、とまと!

真っ赤に熟した皮もはちきれんばかりのとまとたち!料理にも使いますが、やっぱり生でがぶっとひとくち!が一番!のようにも思います。皮むきをしてとまとおでんや、焼いてピッツァにのせるのもGOOD!夏満喫の、野菜たちです。...

色とりどりの夏野菜!

色とりどりの夏野菜がいっぱいのこの季節。がぶり!っとかぶりつきたくなるようなそんな、みずみずしい野菜くんたちがいっぱいです!!!...

考える、なす。

ゆでたさんどまめたちの上にどっかりともたれた優雅ななす。なんともどこか遠いところをみながら物思いにふけって、不敵な笑いでもうかべているようなそんななすくん。まあ、こんなへんてこなすはいつだってよく収穫できるものですが、なんだか今年の野菜がとてたてのためか無性に愛らしく感じた今日この頃です。とはいっても、しっかりこのあとがっつり食べてしまったわけですが。...

ブルーベリーが山のように!!!!

ブルーベリーが山のように収穫ができてはや数週間。。。。もう毎日収穫する時間が1時間以上かかる日が続いています。放っておけば、鳥たちのえさとなってしまうためできる限りとるわけですが、それもまたなかなか収穫後の処理も山積み・・・・とりあえずはジャムもつくり、サワーもつくり、保存食は万全です。ジャムは販売も(少量詰め)できますのでよろしければご利用くださいませ。...

夏のとまとがぷりっぷり。

とまとの畑に近づくと、なんともあの青臭い香りが漂います。腰をひくくかがめつつ、緑色のなかに、紅い部分はないかと探して、あったらもいでさらに虫がついているかの確認。ちょっとでもあながあいていたり、フンがついていると箱を別にしてお持ち帰り。いっしょにしておくと、どんどん被害が広がって、大きくなっていく青虫を早々に発見しなければならないので別に。切った時のあのうにょうにょ感はあまり気持ちのよいものではな...

ズッキーニが花ひらいて!

ズッキーニ(みどり)が四方八方に葉を広げてその中心部分からこれまた四方八方に向かってぎゅい~んと伸びているのがズッキーニ。さすがにこんな実のなりかたをするものはあまりなく、(そして1メートル以上の巨大な広がり方)きゅうりなどのつるものとも、地べたを這いずるかぼちゃたちとも違ってとてもおもしろいと何年みてもそう思ってしまうおもしろい植物。そして、気が付かずに2,3日放っておこうものならそれはすごいこ...

左サイドメニュー

プロフィール

花はなうさぎ

Author:花はなうさぎ
安曇野*松林に佇む
欧風Pension。
天然温泉と森林の息吹で
身体も心もrefresh。
ゆっくり、のんびり
自家栽培のお米と野菜
焼きたてパンの楽しみを!
naturalドライフラワーが
お出迎えいたします。

最新記事